トップ > エンタメ > スターニュース > 「イカゲーム」、「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」で受賞

「イカゲーム」、「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」で受賞


  • 「イカゲーム」、「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」で受賞
  • Netflix

今年のグローバルシンドロームの主役『イカゲーム』がまた新たな歴史を書いた。韓国ドラマで初めて米国「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」で堂々と受賞の喜びを味わった。

Netflixの韓国オリジナル『イカゲーム』が29日(現地時間)アメリカ、ニューヨークのチプリアーニウォールストリートで開催された「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」で「ブレイクスルーシリーズ(長編)」(Breakthrough Series Long Format (over 40 minutes)部門の受賞作として選ばれた。

該当部門ではShowtime『The Good Lord Bird』、HBO Max『It's a Sin』、『The White Lotus』、Amazonスタジオの『Small Axe』、『The Underground Railroad』など錚々たる候補がノミネートされ競合した結果、『イカゲーム』が受賞の栄光に輝いた。

作品の名前が呼ばれると制作社Siren Picturesのキム・ジヨン代表とファン・ドンヒョク監督、そしてイ・ジョンジェ、チョン・ホヨンは笑顔で舞台に上がって喜びを分かち合った。

キム・ジヨン代表は「9月17日にショーが公開されて以来、奇跡のような出来事が続いた。その中でも最も奇跡とも言えることは、韓国語で書かれたこの小さなショーが全世界に紹介され全世界から声援を送ってくださったという点」とし「世界中の『イカゲーム』ファンの皆さんに私ができる最大の感謝を伝えたい」と伝えた。続いて「ファン・ドンヒョク監督は本当に天才のようだ。ご一緒したスタッフや俳優の皆さんまで完璧なチームワークを見せてくれてありがとう」と付け加えた。

  • 「イカゲーム」、「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」で受賞
  • イ・ジョンジェ、ファン・ドンヒョク監督

ファン・ドンヒョク監督は「ホヨンさんが私のところに来る前に、ここに上がって時は観客が裸になっていると思えば、あまり緊張しないかもしれないと話してくれた。今、僕がそうしてる。 それなのに役に立たない。もっと緊張する」と機転を利かせて笑いを誘った。

ファン・ドンヒョク監督は「2009年にこの脚本を書き、あまりにも暴力的で非現実的だと言われた。しかし今、このショーは地球上で最も有名なショーになった。本当に感謝している。これは奇跡だ。僕に言えることは感謝の言葉だけ」と感想を伝え熱い反響を得た。

「新作シリーズ部門最高演技賞(Outstanding Performance in a New Series)」にノミネートされたイ・ジョンジェは惜しくも受賞に失敗した。該当部門の最高演技賞は『アンダーグラウンド・レールロード』のスソ・ムベドゥと『ザ・グッド・ロード・バード』のイーサン・ホークが受賞した。

チョン・ホヨンは「画期的ノンフィクションシリーズ(Breakthrough Nonfiction Series)」部門の受賞者として舞台に上がり注目を集めた。

米国米国インディペンデント・フィルムメーカー・プロジェクト(IFP、Independent Filmmaker Project)が主催する「第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞」は権威と人気を誇る授賞式であり、その後、「エミー賞」、「ゴールデングローブ賞」、「アカデミー賞」などの砲門を開く場でもある。

この日の『イカゲーム』の受賞でこれから行われる米国授賞式でどんな新記録を立てるのか帰趨が注目される。

一方、『イカゲーム』はNetflixの歴代シリーズで最長期1位を維持、K-コンテンツの底力を立証した。公開28日目にして16億5000万時間の視聴時間を記録し、これまで1位だった『ブリジャートン家』シーズン1を軽く追い抜いた。現在、そのバトンを受け継いだヨン・サンホ監督の『地獄』が海外メディアの絶賛を浴びる中、注目を集めている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-11-30 13:41:19