イ・ビョンホン、新型コロナ感染のチョン・ウソンと濃厚接触だが「陰性」


  • BHエンターテインメント

俳優のイ・ビョンホンが新型コロナウイルスの確定判定を受けたチョン・ウソンの濃厚接触者になったが陰性判定を受けて安心した。

イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテインメントの関係者は30日、毎日経済スタートゥデイに「イ・ビョンホンは今日(30日)午前、新型コロナウイルスの検査を受け最終的に陰性制判定を受けた」と伝えた。

関係者によるとイ・ビョンホンは先週末ごろ、チョン・ウソンと一緒に広告撮影を行った。しかし撮影過程でチョン・ウソンが新型コロナウイルスの検査を受けることになり撮影は直ちに中断された。

その後、イ・ビョンホンは新型コロナウイルスの検査を進め最終的に陰性の結果を受けた。

当時、撮影に同行した関係者たちも同様に全員陰性だったという。

一方、チョン・ウソンは29日、新型コロナウイルスの確定判定を受けた。所属事務所は30日、このようなニュースを伝え「現在、隔離中だ」と明らかにした。チョン・ウソンと今月26日「青龍映画賞」の授賞式に同席した俳優のイ・ジョンジェは米国へ出国する前に陰性の判定を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-11-30 17:02:03