「ジミン、私と結婚して」防弾少年団(BTS)にプロポーズして声を失ったモデル


  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団(BTS)のLAコンサートでメンバーのジミンに公開プロポーズをした女性がオンライン上で話題だ。話題の主人公は有名下着ブランド「ビクトリアシークレット」のモデルだったブラジル人モデルのGizele Oliveiraだと明らかになった。

Gizele Oliveiraは29日(現地時間)、自身のインスタグラムに「この日、夜通しで声を上げたら声を失った」というコメントと共に映像を公開した。

公開された映像は去る27日から2日間、LAにあるSoFiスタジアムで行われた「PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」コンサート現場で撮影されたもので、スクリーンにジミンが登場するとある女性が叫ぶ姿がおさめられている。

映像の中の女性は「Marry me Jimin(ジミン、私と結婚して)」と大声で叫んでいる。

Gizele Oliveiraは「BTSのコンサートで私の声を失った。これがまさにその理由」というコメントを付け加え、映像の中の声が自分であることを明らかにした。

Gizele Oliveiraはコンサートに先立ちインスタグラムに「私の夫であるジミンに会うために準備している」としながら「彼に結婚しようとお願いするつもり」とファンであることを表現していた。

これにネットユーザーたちは「私が先だ」「ジミンと結婚するには競争が激すぎる」「なぜか負けた気持ちになる」など様々な反応を見せた。

一方、1993年生まれのGizele Oliveiraは2014年、米国でファッションモデルとしてデビュー、ドルチェ&ガッバーナ、ポロラルフローレン、トリーバーチなどの舞台で活躍した。以後、2017年と2018年にビクトリアシークレットのファッションショーのモデルに抜擢され、ランウェイに立った。

  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-30 20:59:49