トップ > エンタメ > K-POP > K-POP年末番組「SBS歌謡大祭典」日本での配信決定 SHINeeキー&ITZYユナが司会

K-POP年末番組「SBS歌謡大祭典」日本での配信決定 SHINeeキー&ITZYユナが司会


動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では今回も韓国のテレビ局SBSが年末に放送する「SBS歌謡大祭典」を配信する。

「SBS歌謡大祭典」は毎年12月下旬に開催され、その年に活躍したK-POPのスターたちが多数集結してスペシャルなパフォーマンスを披露する、韓国音楽界最高峰とされる年末の一大イベントだ。

BTSによる2019年のクリスマススペシャルメドレー、さらには2020年の「Dynamite Holiday Remix」など、ここでしか見ることのできない特別なパフォーマンスの数々が過去に繰り広げられた、一無二のイベント。今や全世界で注目されるK-POPの、2021年の総決算として、K-POPファンのみならず全ての音楽ファン必見の番組だ。今年のテーマは「Welcome」。

  • K-POP年末番組「SBS歌謡大祭典」日本での配信決定 SHINeeキー&ITZYユナが司会
  • SBS

MCは、BOOM、KEY(SHINee)、YUNA(ITZY)の3人が努める。

TELASA(テラサ)では12月25日に開催される「2021 SBS歌謡大祭典」を、同時通訳バージョンを2022年1月8日(土)から、そして日本語字幕バージョンを2月7日(月)から日本国内最速独占配信する。

今回の「SBS歌謡大祭典」も2021年のK-POP界を賑わしたアイドルやアーティストが続々登場する予定とされ、期待が高まる。

さらに、TELASA(テラサ)では「SBS歌謡大祭典」の昨年までの過去回も配信。2013年から2020年までの「SBS歌謡大祭典」を存分に楽しむことができる。

BIGBANG、EXO、少女時代など往年のビッグアーティストの懐かしいパフォーマンスや、BTS、TWICE、SEVENTEEN、BLACKPINK、Stray Kids、IZ*ONEといったアーティストたちの初々しい映像から年末ならではの豪華なパフォーマンス、そしてITZY、aespa、ENHYPENら次世代のアイドルたちも登場した近年の「SBS歌謡大祭典」まで、TELASA(テラサ)だからこそ楽しめるコンテンツが盛りだくさんだ。
  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-12-01 14:00:00