トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団、2年ぶりのオフラインコンサートに海外主要メディアが絶賛

防弾少年団、2年ぶりのオフラインコンサートに海外主要メディアが絶賛


  • 防弾少年団、2年ぶりのオフラインコンサートに海外主要メディアが絶賛
  • Big Hit Music

グループ防弾少年団のコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LA」に海外の主要メディアが賛辞を送っている。

防弾少年団は先月27~28日と12月1日(以下現地時間)、米国ロサンゼルスのSoFiスタジアムで2年ぶりとなるオフラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LA」を開催しファンに会った。最終回の2日の公演だけを控えている。

2年ぶりに行われた防弾少年団のオフラインコンサートだけに世界中のファンの関心が集まり米国主要メディアの好評が続いた。

地元のロサンゼルスタイムズは「防弾少年団は地球上で最も人気があるグループ」とし「まるで数週間、毎日公演をしてきたように洗練されたパフォーマンスを披露した」と伝えた。

英国の日刊紙インディペンデント(The Independent)は防弾少年団のステージを詳細に紹介し「(今回のコンサートを通じて)K-POPスーパースターがどのように世界最高のバンドになったのかを知り、一つ確かなことは(防弾少年団が)偶然世界最高のバンドになったわけではない」と評価した。インディペンデントは「防弾少年団はすでにポップの頂点に立っているかもしれないが、彼らの旅程が終わったことを意味するのではない、「グラミー賞」の2年連続ノミネートに言及した。

米国の芸能メディア、バラエティー(Variety)は「防弾少年団はSoFiスタジアムを埋め尽くした数万人のARMYを興奮させた。彼らが素晴らしいパフォーマンスを繰り広げることができるということを悟るのは誰にも驚かない」と伝えた。

英国のニュース通信社、ロイター(Reuters)も2年ぶりの防弾少年団のオフラインコンサートを大々的に扱い「防弾少年団は2013年デビュー以後、中毒性のある軽快な音楽とパフォーマンス、そして若い世代に力を吹き込む歌詞とソーシャルキャンペーンで世界的なK-POPブームを導いた」と伝えた。

防弾少年団は2日、SoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LA」の最終回公演を行う。同日の公演はオフラインだけでなくオンラインライブストリーミングでも行われ全世界で視聴可能だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-12-03 10:32:01