トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団、米国「2021 ピープルズ・チョイス・アワード」で3冠達成

防弾少年団、米国「2021 ピープルズ・チョイス・アワード」で3冠達成


  • 防弾少年団、米国「2021 ピープルズ・チョイス・アワード」で3冠達成
  • Big Hit Music

グループ防弾少年団(BTS)が「2021 ピープルズ・チョイス・アワード」(2021 E! People's Choice Awards)」で3冠に輝いた。

防弾少年団は7日(以下現地時間)にアメリカの著名な音楽、映画、TV授賞式「ピープルズ・チョイス・アワード」で「今年のグループ(THE GROUP OF 2021)」、「今年の曲(THE SONG OF 2021)」、「今年のミュージックビデオ(THE MUSIC VIDEO OF 2021)」の3部門で受賞した。

防弾少年団は昨年の「ピープルズ・チョイス・アワード」でも「今年のグループ」、「今年の曲」、「今年のアルバム(THE ALBUM OF 2020)」、「今年のミュージックビデオ」の4冠王に輝いた。
 
「2021 ピープルズ・チョイス・アワード」でコールドプレイ、ダン+シェイ、ジョナス・ブラザーズ、マルーン5など錚々たる候補を抜いて「今年のグループ」に選ばれた防弾少年団は5月にリリースしたデジタルシングル「Butter」で「今年の歌」と「今年のミュージックビデオ」のトロフィーまで獲得した。

防弾少年団はBig Hit Musicを通じて「この賞はすべての方々が私たちの努力を認めてくださったという意味でさらに嬉しい。言葉に表せないほど感謝の気持ちだ。ARMYの方々が僕たちのすぐ後ろにいたから、 これくらい来れた。「Butter」をたくさん愛してくださって、 ありがとうございます。(この歌を通じて)大変な時期を過ごす人々を幸せにしてあげたかった」と受賞の感想を伝えた。

一方、2021年のグローバルサマーソング「Butter」は、今月4日に開催された米国芸能メディアバラエティー(Variety)選定の「2021ヒットメーカー(2021 Hitmakers)」授賞式で防弾少年団に「今年のアルバム」賞を授与し、今月7日には米国の音楽メディア「コンシークエンス・オブ・サウンド(Consequence of Sound)」が選ぶ「今年の歌」50曲の中でもトップに立った。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-12-08 15:18:33