トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団ジン、「SUPER TUNA」の歌詞「東海」に日本のネットユーザーが不快感を示す

防弾少年団ジン、「SUPER TUNA」の歌詞「東海」に日本のネットユーザーが不快感を示す


  • 防弾少年団ジン、「SUPER TUNA」の歌詞「東海」に日本のネットユーザーが不快感を示す
  • 防弾少年団SNS

グループ防弾少年団(BTS)のメンバー、ジン(キム・ソクジン)が公開した自作曲「SUPER TUNA」がグローバルな人気を集めると一部の日本のネットユーザーが不快感をあらわにしている。歌詞に登場した「東海(トンヘ)」の表現について、一部の日本ネットユーザーが「日本海が正しい」と主張しているのだ。

ジンは4日、自分の誕生日を迎え、防弾少年団の公式SNSやYouTubeチャンネルを通じて自作曲「SUPER TUNA」を公開した。「SUPER TUNA」は釣り好きのジンの船に対する情熱と願いが込められた曲で楽しいリズムとメロディー、可愛い歌詞が印象的な感性曲だ。

「SUPER TUNA」が思いがけないダンスチャレンジブームまで呼び全世界的に人気を集めている中、一部の日本のネットユーザーは曲の歌詞を問題視し不快な様子を見せた。歌詞の中に「東海、西海(ソヘ)」という部分が登場するが、「東海」ではなく「日本海」が正しい表記法だというのが彼らの主張だ。

日本のネットユーザーは「日本人がこの歌を聞いても喜ぶというのは考えないこと」、「きちんと抗議して歌詞を変えなければならない」、「日本人を完全に見下したのではないか」、「韓国人はそう思わないだろうが、世界的には日本海が正しい」などの反応を示した。

しかしこれとは別に「ジンが韓国国籍だから日本海を自国の呼び方で呼ぶのは当然のこと」、「日本人を狙って作ったわけではないようだから見逃そう」、「楽しい雰囲気がいい」など、あまり気にしないという反応も多数だ。

また「SUPER TUNA」は公開後、5日連続でYouTube世界人気動画1位となり、中国の微博ではジンの誕生日動画がトレンド1位になった。

またTikTokでは「SUPER TUNA」を意味するハッシュタグが再生数8060万回を記録し本格的なダンスチャレンジが自発的に始まった雰囲気だ。最近では海洋水産部の公式キャラクターであるヘランも「SUPER TUNA」チャレンジに参加して話題になった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-12-09 10:31:14