「恋慕」最終回 パク・ウンビンとロウン、紆余曲折経て幸せな結末


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • KBS2

ついに完全にダムとして暮らすことになったパク・ウンビンがロウンとハッピーエンドを迎えた。

KBS2の月火ドラマ『恋慕』(演出ソン・ヒョンウク、イ・ヒョンソク、脚本ハン・ヒジョン)が14日に幕を下ろした。『恋慕』は双子として生まれ、女児という理由だけで捨てられた子供が、片割れの死により男装して世継ぎとなり繰り広げる秘密の宮中ロマンスドラマだ。

最終回では脱獄したハン・ギジェ(ユン・ジェムン)がウォンサン君(キム・テク)と再会後、軍を率いて宮殿に向かう姿が描かれた。イ・フィ(パク・ウンビン)はチョン・ジウン(ロウン)、イ・ヒョン(ナム・ユンス)と共に最後の決戦に向かった。

ウォンサン君は大妃(イ・イルファ)の引き留めにもよらず、チェヒョン大君(チャ・ソンジェ)を刀で斬った。チェヒョン大君の死を知ったイ・フィは自責して嗚咽した。チョン・ソクジョもハン・ギジェの刀により死んだ。イ・フィは人々が死んでいくと、ハン・ギジェの望み通りに譲位することにした。

ハン・ギジェと単独で会ったイ・フィは茶を勧めた。イ・フィの頼みで茶に毒を盛ったキム女官(ペク・ヒョンジュ)は命を絶とうとした。この時、ホン内官(コ・ギュフィル)が駆けつけてこれを引き留めた。チョン・ジウンとイ・ヒョンはイ・フィの作戦に気づいて駆け付けた。

ハン・ギジェは結局死を迎え、イ・フィは遅れて昏睡状態から目覚めた。イ・ヒョンは王になった。イ・フィは王と臣下たちの前でこれまで正体を隠してきた罪を告げてひざまずいた。臣下たちは世継ぎとして、王として最善を尽くしたイ・フィを擁護した。

イ・ヒョンはイ・フィに烹刑を下すと同時にダムとしての身分を回復させ、新しい人生を生きられるようにした。これは先にチョン・ジウンが提案したもの。朝鮮時代に行われていた烹刑とは、ぬるま湯に入って出てくる瞬間から死者としての扱いを受ける名誉刑を意味する。キム・ガオン(チェ・ビョンチャン)とキム女官、ホン内官は宮殿に残った。

宮を離れたダムとチョン・ジウンは夫婦になった。チョン・ジウンはダムが望んでいたかんざしをプレゼントし、2人はキスをした。「これまでのすべてのことが夢のようだ。とても長くて怖くて美しい夢」とし、チョン・ジウンは「これからは怖くなく、美しいだけの夢を見る。私がいつもそばにいるから」と答えた。

ダムとチョン・ジウンは浜辺でイ・ヒョン、キム・ガオン、キム女官、ホン内官と再会、微笑んだ。『恋慕』の主人公たちは紆余曲折の末にハッピーエンドを迎えて幕を下ろした。

『恋慕』は『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』、『また!?オ・ヘヨン ~僕が愛した未来~』などを演出したソン・ヒョンウク監督と『とにかくアツく掃除しろ!?~恋した彼は潔癖王子!?~』のハン・ヒジョン作家が意気投合した。男装女性という設定とパク・ウンビンとロウン、ナム・ユンス、ペ・ユンギョン、チョン・チェヨンなど、俳優たちの熱演に支えられて多くの愛を受けた。最高視聴率10%(ニールセンコリア基準)を達成し、ネットフリックスの世界ランキングでも7位を記録するなど人気を集めた。

パク・ウンビンは男装した女性イ・フィ役を引き受けてドラマを導いた。安定した演技力と表情、発声などで視聴者をドラマに引き込んだ。初の時代劇に挑戦したロウン、ナム・ユンスなどもしっかりとその役割を果たした。ペ・スビン、イ・ピルモ、ペク・ヒョンジュ、コ・ギュピル、イ・イルファなど年輪のある俳優たちの熱演も輝いた。パク・ウンビンとロウンの切ないケミストリーも『恋慕』の人気を牽引した。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-12-15 07:01:01