トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ギョンナム、騒音トラブルを謝罪「これからはもっと注意します」

キム・ギョンナム、騒音トラブルを謝罪「これからはもっと注意します」


  • キム・ギョンナム、騒音トラブルを謝罪「これからはもっと注意します」
  • スタートゥデイDB

俳優のキム・ギョンナムがオフィステルで騒音の被害を与えたことについて謝罪した。

キム・ギョンナムの所属事務所JR Entは17日「まず、良くないことでご心配をおかけし申し訳ない。今夜、キム・ギョンナムが本人を訪ねて話を交わした。心からお詫びし今後はもっと注意すると申し上げた」という。

続いて「今後はこうしたことが二度と発生しないようさらに注意する。被害に遭った方も驚いたでしょうが、もう一度頭を下げてお詫び申し上げる」と謝罪した。

16日、あるオンラインコミュニティには「隣近所の有名芸能人の騒音問題、最後まで行くべきですよね?」というタイトルの書き込みが掲載された。作成者は「住む家が古いオフィステルなので防音ができず、騒音の注意が必要だ。私は隣人が12時まで騒ぐのは仕方がないとしても夜明けまで、うるさく騒ぐのはよくないと思う」と書いた。

それとともに「昨年の今頃、引っ越してきた隣人が毎日未明まで友達を呼んで騒いで毎週2-3回騒がしかったが我慢し、1.インターホンで管理人に注意要請、2.管理人(警備員)が直接訪問、3.私が隣の家に訪問して静かにするよう要請、4.管理事務所の所長に相談、(ここで所長が警察を呼ぶように言った。常習的に騒音を起こす隣人は仕方ないという。所長が別途その方に電話で注意もした」と吐露した。

作成者は「毎回、繰り返される騒音にうんざりする頃、私の隣の家の人がMBCバラエティ番組『私は一人で暮らす』にも出演する有名な方だった。SNSに「静かにしてほしい」というメッセージを2回残し、それでも騒いでいたので午前3時半に訪ねた。それでもその時だけで今も知人を招待して騒いでいる」と主張した。

作成者は実名を公開しなかったが『私は一人で暮らす』に出演した事実と、キム・ギョンナムのSNSにネットユーザーが「夜の3時半にメッセージを残す。最後の要請だ。この時間に目が覚めた。知人を呼んでうるさく騒ぐなら管理員の言う通りに警察を呼ぶ」という書き込みを残していたことが明らかになり既成事実となった。

キム・ギョンナムは2012年に演劇『愛』でデビューした。ドラマ『ここに来て抱きしめて』、『キツネ嫁星」』、『特別勤労監督官チョ·ジャンプン』、『ザ·キング:永遠の君主』、『オーケー、グァン姉妹』などに出演した。20日に初放送されるJTBCドラマ『一人だけ』にミン・ウチョン役で出演する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-12-17 19:58:41