トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > コ・アソン、MBC「トレーサー」で5年ぶりにドラマ出演

コ・アソン、MBC「トレーサー」で5年ぶりにドラマ出演


  • コ・アソン、MBC「トレーサー」で5年ぶりにドラマ出演
  • KEYEAST

女優のコ・アソンがMBCの新金土ドラマ『トレーサー』で卑怯な世の中を堂々と正面突破するソ・ヘヨン役を演じる。

2022年1月7日に放送されるMBC新年初の金土ドラマ『トレーサー』(脚本:キム・ヒョンジョン、演出:イ・スンヨン、制作:ウェストワールドストーリー)でコ・アソンが5年ぶりにMBCのお茶の間劇場に復帰し魅力あふれるキャラクターで劇に活力を吹き込むことが期待されている。

wavveオリジナルの『トレーサー』は誰かにとっては判事検事より怖い国税庁、別名「ゴミ置き場」と呼ばれる租税5局に転がり込んだ主人公の捨て身の活躍を描く痛快な追跡劇だ。

コ・アソンは劇中租税5局の調査官ソ・ヘヨン役を演じる。ソ・ヘヨンは何でも正面から突破する並外れた行動力の持ち主で、優れた直感や調査力を基に誰よりも積極的にチームを率いていくキャラクターだ。チーム長のファン・ドンジュ役のイム・シワンと協力し痛快で元気な活躍を見せてくれるということで期待を集めている。

公開されたスチールとポスターには力強いエネルギーを誇るコ・アソンの姿が描かれている。特有のたくましく快活な魅力はもちろん、人物の深い内面まで表現する彼女の多彩な演技力は初回放送を心待ちにさせる。現実の壁の前で挫折しない立体的なキャラクターをコ・アソンがどのように表現するかが注目される。

『トレーサー』の制作陣は「コ・アソンはソ・ヘヨンのキャラクターそのものになって現実感あふれる演技を披露するのはもちろん、ドラマに大きな活力を吹き込んでいる。温かく愉快な魅力を通じて、ピリッとした活躍を見せてくれるコ・アソンの信頼できる演技をリアルタイムで確認してほしい」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-12-24 09:48:54