トップ > エンタメ > スターニュース > 東方神起チャンミン、保護終了児童のために3000万ウォンを寄付

東方神起チャンミン、保護終了児童のために3000万ウォンを寄付


  • 東方神起チャンミン、保護終了児童のために3000万ウォンを寄付
  • SM

東方神起メンバーのチャンミンが保護終了児童のために3千万ウォンを寄付した。

今月21日、チャンミンは「美しい財団」に3千万ウォンを寄付した。今回の寄付金は「美しい財団」の大学生教育費支援事業を通じて保護終了児童の学業と自己啓発を支援し支持体系の形成に使われる予定だ。

「保護終了児童」とは児童保育施設及び委託家庭において生活し満18歳になって退所しなければならない児童を意味する。統計によると年平均2500人の青年が保護終了し若くして独り立ちをしている。

今回の寄付は児童・青少年の支援に深い関心を持ち分かち合いを続けてきたチャンミンの普段の寄付の所信による結果だ。チャンミンは2019年、多文化家庭と一人親家庭の児童のためにそれぞれ5000万ウォンを寄付したのに続き、昨年は子供の日を迎え社会的弱者層の児童のために5500万ウォンを寄付した。

チャンミンは「新年を迎え一人でも多くの児童・青少年が望む勉強を一生懸命して夢に近づけるよう助けたかった」とし「世の中に第一歩を踏み出す「18歳の大人」たちの健康な自立をこれからも応援していく」と寄付の感想を伝えた。

2001年から大学生教育費支援事業を通じて保護終了児童の学業と生活を支援してきた「美しい財団」は、保護終了児童自立支援「18歳の大人」キャンペーンを地道に展開し、保護終了児童生活安定支援事業、青年スタートキット支援事業、保護経験青年学び支援事業など多角的な支援事業の開発で保護終了児童の自立を支援し彼らに対する認識改善のための活動を続けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-12-24 08:57:52