ヒョンビンが除隊後初のドラマ復帰作キャスティング決定

SBSドラマ「ハイド・ジキル、私」(仮題) 

俳優ヒョンビンが復帰作に『ハイド・ジキル、私』(脚本キム・ジウン、演出チョ・ヨングァン)を選んだ。

ヒョンビンが次期作に選んだSBSドラマ「ハイド・ジキル、私」は『ジキル博士はハイド氏』(イ・チュンホ作)を原作とした20部作ドラマで、一人の男のまったく違う2つの人格と愛に落ちる一人の女の三角ロマンスを描くロマンティックコメディだ。ヒョンビンはドラマで冷たい男ジキルと甘い純情男ハイドをすべて消化する予定で、デビュー以降はじめて1人2役に挑戦することで大きな期待を集めている。

ドラマ『ハイド・ジキル、私』は小説『ジキル博士とハイド』のロマンティックコメディバージョンで2011年2月にDaumにて連載を開始して大きな人気を得たウェブトゥーンだ。

ドラマ『ハイド・ジキル、私』は『49日』『夜王』『大切に育てた一人の娘』などを演出したチョ・ヨングァンPDがメガホンを取り、『清潭洞アリス『』を執筆したキム・ジウン作家が台本を担当する。また『善徳女王』『根の深い木』を執筆したキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家がクリエイターとなって期待を集める。『ハイド・ ジキル、私』は2015年1月、SBSを通じて放送される予定だ。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-10-07 12:48:47