トップ > エンタメ > K-POP > SMTOWNの冬アルバムが販売量41万枚を突破 歴代最高の記録

SMTOWNの冬アルバムが販売量41万枚を突破 歴代最高の記録


  • SMTOWNの冬アルバムが販売量41万枚を突破 歴代最高の記録
  • SMエンターテインメント

SMTOWNの冬アルバム『2021 Winter SMTOWN:SMCU EXPRESS』の販売量が41万枚を突破した。

12月27日に発売された『2021 Winter SMTOWN:SMCU EXPRESS』は発売から8日間でアルバム販売量が416,494枚(3日基準)を突破し、過去最高の販売枚数を記録した。

今回のアルバムは2011年以降約10年ぶりにリリースされるSMTOWNの冬アルバムで、カンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代-Oh!GG、SHINeeのオンユ&キー&ミンホ、EXOのカイ、Red Velvet、NCT、aespaなどグローバルな活躍を見せているSM所属アーティストたちが参加した多彩な魅力の計10曲が収録され熱い反応を得た。

ダブルタイトル曲の「光(Hope from KWANGYA)」と「Dreams Come True」をはじめとする新バラードユニットのSUPER JUNIORのキュヒョンとSHINeeオンユとNCTテイルの「Ordinary Day」、ラップユニットのNCTテヨン、ジェノ、ヘンドリー、ヤンヤン、aespaジゼルの「ZOO」のステージは、1月1日に全世界無料オンラインコンサート「SMTOWN LIVE 2022:SMCU EXPRESS@KWANGYA」を通じて公開された。

今回のアルバムは、イ・スマンプロデューサーとSMが見つめるメタバースでの未来コンテンツを総合的に経験できるよう企画された総合コンテンツプロジェクト「SMTOWN 2022:SMCU EXPRESS」で、12月30日メディアアート「SMTOWN EXPERIENCE:PLAY@KWANGYA」及び1月1日にオンラインコンサートで公開された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2022-01-04 10:13:11