トップ > エンタメ > スターニュース > ユン・テヨン、飲酒運転から4年ぶり復帰 物議により「100日の朗君様」から降板も

ユン・テヨン、飲酒運転から4年ぶり復帰 物議により「100日の朗君様」から降板も


  • ユン・テヨン、飲酒運転から4年ぶり復帰 物議により「100日の朗君様」から降板も
  • スタートゥデイDB

俳優のユン・テヨンが飲酒運転の物議から4年ぶりにYouTubeに出演して近況を伝えたが、謝罪はなかった。

去る7日、YouTubeのウェブバラエティ「カッコウゴルフTV」には新しい映像が公開された。

この日、キム・グラは「韓国芸能界最高の実力者」として「芸能界の最強ゴルフリーグ第1回優勝者がイ・ジョンジンだが、今日のゲストが二枚は上手」と紹介した。キム・グラが賞賛したゲストはまさにユン・テヨン。ユン・テヨンの顔が公開されると「交渉担当者が骨を砕いて出演交渉した方」という字幕が出た。

キム・グラは「芸能界最高の達人を迎えることになった。すべて完璧だが、弱点はメンタルがちょっと弱いところ」と付け加えた。

ユン・テヨンは「イ・スマン会長も上手だ」とし「昨日もシングルを打たれた。私は73打だった」と人脈と実力を自慢した。しかし飲酒運転後の初放送にもかかわらず、物議に対する謝罪や反省はなかった。

ユン・テヨンは2018年5月13日午後8時ごろ、飲酒運転で摘発された。ソウル市江南区論峴洞近くで酒気帯び運転をしていて車両との接触事故を起こした。ユン・テヨンは翌日午前2時頃に警察に出頭して調査を受けたが、ユン・テヨンは血中アルコール濃度が0.079%と免許停止基準を超えたが、警察は事故から時間が経過した点を考慮してウィドマーク法を適用、免許取消基準を超える0.140 %と推定した。

ユン・テヨンは当時、tvNドラマ『100日の朗君様』で主人公である王世子イ・ユル(EXOディオ)の父親である王役にキャスティングされた状態だったが、物議をうけて降板した。所属事務所は「ユン・テヨンは言い訳の余地なく今回のことについて深く反省し、自粛の時間を過ごしている。ファンの方々に謝罪する」と明らかにした。

『100日の朗君様』は2018年9月に初放送されたが、事前制作だっただけに4月からすでに撮影が行われていた。ユン・テヨンの降板により新たにキャスティングして再び撮影と編集を行わなくてはならなかった。

ユン・テヨンが4年間自粛してきたとは言え、何の謝罪もなくゴルフ放送に出演して何もなかったかのようにゴルフの実力を自慢するのは待ってきたファンにとっても残念な姿だったのではないか。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-10 09:18:55