トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「イカゲーム」のオ・ヨンス、ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞

「イカゲーム」のオ・ヨンス、ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞


  • 「イカゲーム」のオ・ヨンス、ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞
  • Netflix

俳優オ・ヨンス(78)が韓国人の俳優としては初めて米国ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞した。

Netflixシリーズ『イカゲーム』でオ・イルナムを演じたオ・ヨンスが9日(現地時間)、米国LAにあるビバリーヒルズヒルトンホテルで開催された第79回ゴールデングローブ授賞式でテレビドラマ部門の助演男優賞を受賞した。

オ・ヨンスは『ザ・モーニングショー』のビリー・クラダップとマーク・デュプラス、『サクセッション』のキーラン・カルキン、『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』のブルット・ゴールドスタインと競合した。

これまで韓国系俳優のサンドラ・オーがドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』で助演女性賞と『キリング・イヴ/Killing Eve』で主演女優賞を受賞し、オークワフィナが映画『フェアウェル』で主演女優賞を受賞したことはあったが、韓国人俳優が受賞したことはなかった。

『イカゲーム』は賞金456億ウォンがかかった謎のサバイバルで最後の勝者になるために命をかけてゲームに挑戦する話だ。テレビドラマ作品賞、主演男優賞、助演男優賞など3部門にノミネートされた。

ハリウッド外信記者協会が主管するゴールデングローブ授賞式は、新型コロナウイルスの変異ウイルスが拡散した余波で無観客で進行された。放送局の生中継やオンラインライブストリーミングは行われず、ゴールデングローブホームページやSNSを通じて受賞者と受賞作を知らせた。

※こちらの記事もどうぞ「俳優オ・ヨンス「60年間で200人の人生を生きた」
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-10 11:09:42