トップ > エンタメ > K-POP > TWICE、10年間の累積アルバム販売量が729万枚を突破 ガールグループ1位

TWICE、10年間の累積アルバム販売量が729万枚を突破 ガールグループ1位


  • TWICE、10年間の累積アルバム販売量が729万枚を突破 ガールグループ1位
  • JYPエンターテインメント

グループTWICEが唯一無二の記録を誇り「K-POPワントップアルバムクイーン」になった。

10日、GAONチャートが発表した10年間の累積アルバムデータによるとTWICEは計729万9094枚で女性アーティストの中で最も高いアルバム販売量を記録した。今回のデータは2011年以降にデビューした歌手を基準に2011年1月から2021年11月までの累積アルバム販売量の順位を発表したことでTWICEは全体のアーティストのうち5位、女性アーティストの中で唯一TOP10に名を連ねて「K-POP代表ガールグループ」の名声を輝かせた。

彼女たちは昨年、2枚のアルバムだけで計127万枚を超える販売量を達成した。11月12日に発売された3rdアルバム『Formula of Love: O+T=<3』は最近、GAONチャートを運営する韓国音楽コンテンツ協会が発表した2021年年間アルバムチャートで71万枚の販売量で女性アーティストのうち最高順位である19位を占めた。先立って6月に発売された10thミニアルバム『Taste of Love』も55万枚と24位を記録した。特に3rdアルバムは前作の10thミニアルバム『Taste of Love』と比べて約16万枚以上増加した数値での最高成績を樹立し該当アルバムのスペシャルバージョンも約9万枚の販売を記録した。これで3rdアルバムの総販売枚数が80万枚を突破しTWICEの無限なる人気を立証した。

TWICEはアメリカのビルボードチャートでも並々ならぬ底力を誇示している。3rdアルバム『Formula of Love: O+T=<3』は1月15日(現地時間基準)でビルボードのメインチャートである「ビルボード200」で148位になり8週連続ランクインに成功したのに続き「ワールドアルバム」3位、「トップカレントアルバムセールス」15位、「トップアルバムセールス」19位にも名前を載せて冷めない人気を証明した。1月8日付けのチャートで初めて「ポップエアプレー」のランクインを成し遂げた初の英語シングル「The Feels」は2週連続当該チャートにランクインした。さらに「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」でそれぞれ前週比44段階、15段階上昇した94位と64位を記録して14週連続ランクイン中であり、Spotifyのグローバルチャートに100日連続チャートインするなどの好記録で国内外のロングランの人気を謳歌している。

このように世界的に好成績を記録し続けているTWICEは2022年、グローバルファンに直接会って喜びを分かち合っている。昨年12月25日と26日の両日間、ソウル松坡区(ソンパグ)KSPO DOME(五輪体操競技場)で四回目のワールドツアー「TWICE 4th WORLD TOUR'Ⅲ'」の初公演を開催して新しいワールドツアーの砲門を開いており、2月15日~16日にロサンゼルス、18日にオークランド、22日にフォートワース、24日にアトランタ、26~27日にニューヨークまでアメリカの5都市で行われる7回の公演で熱気をさらに高める。さらに、4月23日と24日の両日間「日本公演の聖地」と称される東京ドームで2回公演を行う。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2022-01-12 09:12:53