トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ハヌル、ワクチン接種後脳死状態に陥った中学生に3000万ウォンを寄付

キム・ハヌル、ワクチン接種後脳死状態に陥った中学生に3000万ウォンを寄付


  • キム・ハヌル、ワクチン接種後脳死状態に陥った中学生に3000万ウォンを寄付
  • IOK COMPANY

女優のキム・ハヌルが小児1型糖尿病を患っていた新型コロナウイルスのワクチン接種後、生死の境をさまよっている中学校3年の女子生徒に寄付金3000万ウォンを渡した。

12日、慶南(キョンナム)総合社会福祉館によるとキム・ハヌルはワクチン接種後、脳死状態で入院した女子中学生のために3000万ウォンを寄付した。寄付金は全額医療費、生計費、リハビリ治療費などとして今月支援される予定だ。

キム・ハヌルの所属事務所のIOK COMPANYは12日、毎日経済スタートゥデイに「ワクチン接種後、集中治療室に入院している女子中学生が経済的な困難を経験しているという話を聞き少しでも役に立ちたいと思って参加したと聞いている」とし「キム・ハヌルが心配している。1日も早く健康が好転することを望んでいる」と説明した。

キム・ハヌルは多文化女性のための物品寄付、元老映画人後援リレー参加など持続的な寄付活動で善良な影響力を発揮してきた。

キム・ハヌルが寄付した女子中学生の話は昨年12月26日、大統領府の国民請願掲示板に請願文が掲載された。新型コロナウイルスのワクチン1次接種後、脳死状態に陥った中学3年生の娘を助けてほしいという内容だった。慶尚南道(キョンサンナムド)昌原(チャンウォン)に住んでいるという筆者は「この10年間、小児1型糖尿病を患っており、基底疾患者に該当する娘を塾に通わせるため苦心の末、ワクチンを打ち脳死状態に至った」と明らかにした。

学校は同月27日から学校運営委員会、父母会などとともに慶南総合社会福祉館に寄付金を指定寄託し寄付金募金を始めた。

募金の事実が伝えられると地域のオンラインコミュニティでも寄付金納付口座を広報し寄付の事実を知らせるなど温かい気持ちが寄せられている。

1996年にストームの専属モデルとしてデビューしたキム・ハヌルはドラマ『ピアノ』、『ロマンス』、『オンエアー』、『紳士の品格』、『空港に行く道』、『風が吹く』などに出演した。キム・ハヌルはtvN新ドラマ『キルヒール』でお茶の間劇場に復帰する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2022-01-12 11:05:40