ユ・アイン&アン・ウンジン&チョン・ソンウ&キム・ユネ、Netflix「終末のフール」出演決定


  • Netflix

ユ・アイン、アン・ウンジン、チョン・ソンウ、キム・ユネが1つになる。Netflixの新コンテンツ『終末のフール』を通じてだ。

『終末のフール』は地球と小惑星の衝突まで200日、目の前に予告された終末を控えて混乱に陥った世の中と残りの時間を生きる人々の話を盛り込んだNetflixの新しいシリーズだ。

『人間レッスン』、『マイネーム:偽りと復讐』のキム・ジンミン監督と『密会』の作家チョン・ソンジュが出会い話題を集める中で素材と同じくらい新鮮なラインナップが目を引く。ドラマ『賢い医師生活』からNetflixの『キングダム』シリーズ、絶賛放送中の『一人だけ』まで人気を博している女優のアン・ウンジンがチン・セギョン役に確定した。一時は中学校の技術家庭教師だったが、小惑星事態が勃発した後、熊川(ウンチョン)市役所の児童青少年部でボランティア活動を行い危険に陷った子供たちを守るために密かに孤軍奮闘する人物だ。

Netflixシリーズ『地獄』で全世界の視聴者を魅了したユ・アインはハ・ユンサン役を演じNetflixと再び遭遇する。ハ・ユンサンはチン・セギョンの長年の恋人であり生命工学研究所の研究員として安全なアメリカから危険地域である大韓民国に駆けつけチン・セギョンのそばを守る。

ミュージカル、演劇舞台で実力を積みドラマ『検事ラプソディ~僕と彼女の愛すべき日々~』、『人生最高の贈り物~ようこそ、サムグァンハウスへ~』などで注目を集めたチョン・ソンウは、ウ・ソンジェ役を演じる。小惑星事態が発表された後、姿を消した主任神父の代わりに、一夜にして補佐神父となった彼は、さまざまなうわさに混乱した気持ちを抑えて信者たちの面倒を見ている。ドラマ『ヴィンチェンツォ』、『18アゲイン』などで個性豊かな存在感で注目されたキム・ユネはカン・イナ役を演じる。

キャスティングを終えた『終末のフール』は撮影を控えて最終点検中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2022-01-13 09:15:16