トップ > エンタメ > スターニュース > 「プデュ2」のSamuel、長い訴訟を終えて事務所と和解 2022年から活動再開

「プデュ2」のSamuel、長い訴訟を終えて事務所と和解 2022年から活動再開


  • 「プデュ2」のSamuel、長い訴訟を終えて事務所と和解 2022年から活動再開
  • スタートゥデイDB

Samuelが法廷での専属契約をめぐる争いを終えて活動を再開する。

Samuelは最近、元所属事務所のBRAVEエンターテイメントと長い対話の末に円満に和解したと明らかにした。

昨年11月、BRAVEエンターテイメントを相手に提起した専属契約不在再確認訴訟で勝訴したSamuelは、これにより専属契約をめぐる紛争を終えることになる。

Samuelは13日、「これまで3年間の訴訟は大変だったけど、むしろ自ら多くのことを考えて多くのことを学ぶ時間になった。長いブランクのあいだ僕を忘れずに覚えて待ってくれたファンの方々とすべての方々に感謝を伝えたい」と明らかにした。

続いて「これからは大人として挨拶する僕の姿も応援してほしい。再スタートする気持ちで初心を失わずに最善を尽くして生きる。良い曲と素敵なパフォーマンスですぐに挨拶する日を夢見て、こうやってでも知らせることができ感謝する」と伝えた。

1審訴訟をSamuel側の勝訴へと導いた法務法人ウミョンのチャン・ジウォン弁護士は「円満な合意に至ることができて嬉しい。大切な歳ごろであるSamuel君が訴訟により大変だったが、これからは素敵な姿で大衆の前に立つことができ嬉しい」とこれからを応援した。

Samuelは2022年、ソロ歌手であり万能エンターテイナーとして再び芸能界全般で活動を続ける予定だ。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-13 15:43:03