パク・ミニョン&ソン・ガン、ドラマ「気象庁の人々」 2月12日に初回が放送


  • JTBC

JTBC『気象庁の人々:社内恋愛残酷史編』が2月12日に初放送される。

『気象庁の人々:社内恋愛残酷史編』(演出:チャ・ヨンフン、脚本:ソンヨン)は熱帯夜より熱くゲリラ豪雨よりも予測できない気象庁の人々の仕事と恋を描いた職場ロマンスドラマだ。今日(13日)公開されたポスターにはエレベーターに一緒に乗った「気象庁の人々」が描かれている。「社内恋愛の終わりは別れだけではなかった」というポスターのコピーからも分かるように、このエレベーターの中にはX(EX)の恋人がいる。

総括予報官のチン・ハギョン(パク・ミニョン)と気象庁の代弁人室の通報官ハン・ギジュン(ユン・パク)は結婚まで控えていた仲だ。ところが、別れた後もこのようにぎっしり詰まった空間で、しかも同僚たちと出くわす可能性があるという点がまさに社内恋愛の残酷さだ。そんな中、以前公開されたティーザー映像でも分かるように「あなたが好きになって大変だ」と言いながら、何度も甘い目でチン・ハギョンに近づく特報担当のイ・シウ(ソン・ガン)もいる。別れても完全に別れられない社内恋愛の恐ろしい現実を経験しているチン・ハギョンの堂々たる顔が何を意味するのか気になる。

X恋人の間に挟まった同僚たちのぎこちない視線と不便な空気は、今回のポスターの面白さであり、サラリーマンなら誰もが共感できるポイントだ。総括2チームでチン・ハギョンと一緒に勤務している先任予報官のオム・ドンハン(イ・ソンウク)、町内予報担当のシン・ソクホ(ムン・テユ)、分析主務官のオ・ミョンジュ(ユン・サボン)、超短期予報官のキム・スジン(チェ・ソウン)、そして気象専門記者として気象庁を会社員の新聞社より頻繁に出入りするチェ・ユジン(ユラ)まで、会社員の現実を一緒に感じている。1%の確率で時々刻々と変わる天気を予測する気象庁の人々も人の変わる心を予測することは難しいようだ。

制作陣は「気象庁のエレベーターポスターには社内恋愛残酷史が描かれている。しかし追い風の気流も予測できる、激しい天気を予測し予報する気象庁の人々の仕事と愛、興味深い職場のロマンスを期待してほしい」と伝えた。

『椿の花が咲く頃』のチャ・ヨンフン監督と『夫婦の世界』、『ミスティ~愛の真実~』などの話題作を生み出したクリエイター、カン・ウンギョンのクルLineに所属するソンヨン作家が意気投合した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2022-01-13 15:27:23