SEVENTEEN、日本スペシャルシングル「あいのちから」がプラチナ認定


  • Pledisエンターテインメント

グループSEVENTEENが日本で1年間発表した3枚のアルバムがすべてプラチナに認定された。

14日、日本レコード協会によるとSEVENTEENの日本スペシャルシングル「あいのちから」は2021年12月基準で累積販売量25万枚以上を記録しプラチナに認定された。

発売直後、1位行進を見せた「あいのちから」は発売から1か月後に販売量25万枚を一気に超え熱い人気を立証した。

これでSEVENTEENは8thミニアルバム『Your Choice』と9thミニアルバム『Attacca』に続き、日本のスペシャルシングル「あいのちから」まで1年間、3枚のアルバムをプラチナとして認定を受ける大記録を達成した。

SEVENTEENは所属事務所を通じ「まず、いつも応援してくださるCARAT(ファンクラブ名)に感謝している。休む暇もなく走ってきた1年間、本当に大きな愛を受けたということを改めて実感した。残念ながら昨年は多くの喜びを直接共有できなかったが、いつかは訪れるその日を期待しながら、もっと頑張るSEVENTEENになりたい」と感想を伝えた。

「あいのちから」は冬のように寒くて大変な状況でも、みんなの「愛の力」があれば暖かい春が訪れるという応援と慰めのメッセージ、そしていつも応援してくれるCARATにSEVENTEENが送る愛がいっぱい込められている。

昨年12月8日に発売された「あいのちから」は、オリコンデイリーシングルランキング(12月7日付)で1位となり6日連続トップをキープし週間シングルランキングと週間合算シングルランキング(12月20日付)で1位、ビルボードジャパンの週間シングルセールスチャートであるトップシングルセールス(12月15日付)で1位を占めるなど現地チャートを席巻し「グローバルK-POP強者」の底力を十分に見せ付けた。

このような日本での人気に支えられSEVENTEENは「オリコン年間ランキング2021」(集計期間2020年12月28日付-2021年12月20日付)アルバム部門で9thミニアルバム『Attacca』で5位、8thミニアルバム『Your Choice』で9位にランクインし10位内で2枚のアルバムを記録した唯一のアーティストとなった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2022-01-14 09:32:58