トップ > エンタメ > スターニュース > 2PMジュノ、韓国でのブランド評判がボーイグループ1位に 大幅上昇

2PMジュノ、韓国でのブランド評判がボーイグループ1位に 大幅上昇


  • 2PMジュノ、韓国でのブランド評判がボーイグループ1位に 大幅上昇
  • MBC

歌手で俳優のジュノが2022年1月のボーイグループ個人ブランド評判で1位になった。

韓国企業評判研究所はボーイグループ個人ブランド評判ビッグデータ分析のため、2021年12月15日から2022年1月15日までボーイグループ個人703人のブランドビッグデータ113,481,843個を抽出してボーイグループ個人ブランドに対する消費者分析を行い、参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランド評判指数を分析した。

これによると、2022年1月のボーイグループ個人ブランド評判トップ30の順位は2PMジュノ、防弾少年団ジミン、Wanna Oneカン・ダニエル、防弾少年団ジン、ASTROチャウヌ、防弾少年団ジョングク、Wanna Oneキム・ジェファン、防弾少年団SUGA、2PMチャンソン、防弾少年団V、防弾少年団RM、BIGBANG G-DRAGON、VERIVERYミンチャン、防弾少年団J-HOPE、SF9ロウン、SUPER JUNIORヒチョル、Wanna One パク・ジフン、SUPER JUNIORキュヒョン、WINNER ソン・ミノ、NCTジェヒョン、SUPER JUNIORシウォン、SHINeeオンユ、NCTジョンウ、SHINeeキー、NCTマーク、NCTドヨン、SHINeeミンホ、Wanna Oneファン・ミンヒョン、東方神起チャンミン、NCTテヨンの順だった。

1位を記録した2PMジュノのブランドは参加指数2,240,591、メディア指数1,117,544、コミュニケーション指数、2,287,534、コミュニティ指数1,779,838となり、ブランド評判指数7,425,507と分析された。

去る12月のブランド評判指数5,339,397と比較すると39.07%が上昇した。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「ボーイグループ個人ブランド評判1位を記録した2PMジュノのブランドはリンク分析で「受賞する、感謝する、着実だ」が高く表れ、キーワード分析では「袖先赤いクットン、My House、歌謡大祭典」が高く分析された。

ジュノは最近幕を下ろしたMBCドラマ『袖先赤いクットン』でイ・サン正祖役を演じ、ソン・ドクイム役のイ・セヨンと切ない宮中ロマンスを披露した。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-15 09:14:01