トップ > エンタメ > IU&シン・セギョン、事務所が悪質なネットユーザーに法的対応「善処なし」

IU&シン・セギョン、事務所が悪質なネットユーザーに法的対応「善処なし」


  • IU&シン・セギョン、事務所が悪質なネットユーザーに法的対応「善処なし」
  • スタートゥデイDB

歌手のIUや女優のシン・セギョンが、悪質なコメントを掲載する人たちに対し強硬対応に乗り出した。

2人の所属事務所、EDAMエンターテインメントは21日、公式SNSを通じて「悪質なネットユーザーを告訴した」と明らかにした。

所属事務所は「当社は先に告知したように名誉毀損及び人身攻撃、侮辱、虚偽事実の流布、悪意的な誹謗、プライバシー侵害など悪質な掲示物に対して定期的な法的対応に乗り出し、権益保護に最善を尽くしている。これまで社内のモニタリングとファンの皆さんからの情報提供を綿密に検討し悪質なコメントの深刻さを十分認識しており、これに収集された新たな証拠資料を基に法務法人シンウォンを通じて捜査機関に何度も告訴状を提出した」と明らかにした。

所属事務所は特に「最近、非ログイン形式のIPで根拠のないデマ流布及び悪質な投稿を繰り返し掲載した一部の加害者に対しては時間が経つにつれ悪意的な行為がますますひどくなっていることを認識し、これに注意深く長期間証拠資料を収集してきた」とし「当社はこのような資料を通じてこれまで使用したニックネームをはじめ、非ログインアカウントと通信社アイピーで作成した掲示物を確保し捜査機関に伝達した」と説明した。

さらに「悪質なコメントはもちろん、イメージを阻害する侮辱的なコメントや誹謗文を作成した加害者たちが証拠を残さないために匿名で作成したコメントや記録を削除した場合もあるが、DCインサイドを含め非公開のカフェ、コミュニティ、SNSなどをリアルタイムでモニターし彼らが削除したコメントや記録を収集して告訴を進めている」と説明した。 ⠀

所属事務所は「非公開のコミュニティーで過度な誹謗や無分別な悪質なコメントにより、召喚調査を受けた多数の加害者が合意を要求した部分があったが、一切の合意や善処なしに厳重な法的対応を取る方針だ。そのほか悪意的な行為に終始し侮辱罪および名誉毀損などの容疑を受けた別の加害者は、その罪質が非常に重いという検察の判断の下、裁判にかけられ公判後に判決が行われる予定だ」と経過を伝えた。

それとともに「当社は悪質なネットユーザーを最後まで追跡し悪意的な行為が行われないよう厳重な措置を取る。この過程で、いかなる善処や合意もないことを明確にする。告訴の進行過程でやや長い時間がかかるため結果が出次第、できるだけ早いうちに知らせる」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2022-01-21 14:37:27