トップ > エンタメ > スターニュース > ソン・ジヒョ、SJウニョクとの濃厚接触で隔離 事務所がワクチン未接種の理由明かす

ソン・ジヒョ、SJウニョクとの濃厚接触で隔離 事務所がワクチン未接種の理由明かす


  • ソン・ジヒョ、SJウニョクとの濃厚接触で隔離 事務所がワクチン未接種の理由明かす
  • スタートゥデイDB

ソン・ジヒョが新型コロナウイルスで陰性の判定を受けたが、10日間のあいだ、自宅で隔離を行う。

ソン・ジヒョの所属事務所は21日、「17日の番組収録中に感染者と動線が重なった事実を20日に確認し、その後すぐ関連内容を関係者に迅速に伝えた後、新型コロナウイルスの検査(PCR)を進行した。即時検査の結果「陰性」の判定を受けた」と明らかにした。

続いて「以後、先制的措置のため予定されていたスケジュールを取り消し、10日間の隔離をスタートさせた。これにより24日と25日に予定されている『ランニングマン』の収録にも参加できない」と知らせた。

韓国では現在、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人が濃厚接触者に分類された場合、新型コロナウイルスの検査を受けた後、陰性の判定が出れば隔離ではなく受動監視の対象者となる。しかしソン・ジヒョは未接種者であることから、10日間の隔離を行うことになった。

所属事務所はソン・ジヒョがワクチン未接種者である理由も明らかにした。

所属事務所は「ソン・ジヒョは幼年期に「薬物アレルギー」の診断を受けた病歴がある。特に、2011年には忙しい撮影スケジュールのなか切実だった状況で点滴を受けた後に斑点が出て、呼吸が荒くなるなどの緊急の状況が発生していた。当時の緊迫した状況から救急センターを訪れて治療を受けていた。その後にも抗生物質と関連した治療で異常反応が繰り返されてきた」とし「そこで、担当の主治医の長い熟考と所見からコロナワクチンの接種について慎重にならざるをえなかったことから、理由とともに現在ワクチン未接種者である点も一緒に明らかにする」と説明した。

続いて「当社は今後も保健当局の防疫指針を徹底的に遵守し、所属俳優の健康と安全のために最善を尽くす。防疫当局の協力要請にも誠実に取り組む」と付け加えた。

ソン・ジヒョは17日、SBS『ランニングマン』の収録にゲストとして出演したSUPER JUNIORのウニョクが20日、新型コロナウイルス感染の判定を受けるとPCR検査を受けた。

ユ・ジェソクとチ・ソクジン、ハハも検査を受けたが陰性の判定を受けた。他のメンバーも結果を待っている。

ウニョクは3回目のブースターショット接種まで終えたがブレークスルー感染した。20日、陽性判定を受けて隔離に突入したが、症状は軽微であることが分かった。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-21 11:04:14