トップ > エンタメ > スターニュース > BTS練習生だったIRONの死から1年 短い人生を終えて永眠

BTS練習生だったIRONの死から1年 短い人生を終えて永眠


  • BTS練習生だったIRONの死から1年 短い人生を終えて永眠
  • スタートゥデイDB

ラッパーの故IRON(本名チョン・ホンチョル)がこの世を去ってから1年が過ぎた。

故人は去る2021年1月25日午前10時25分頃、ソウル市中区にあるマンションの花壇で血を流して倒れているところを警備員に発見され、病院に運ばれたが死亡した。今年29歳。

現場からは遺書が見つからなかったが、警察は他殺の可能性がないと判断し、捜査を終結した。死因が明確で遺族が望まなかったことから司法解剖も行われていない。

IRONは防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテイメントにて練習生としてRMなどと一緒にデビューを準備していたが、音楽的な方向性が合わないという理由で事務所から離脱。2014年、Mnetのヒップホップサバイバル『SHOW ME THE MONEY 3』で準優勝して名前を知らせた。デジタルシングル「blu」、フルアルバム「ROCK BOTTOM」などを発売した。

しかし、恋人への暴行や大麻吸引で懲役刑を宣告されるなどの事件事故が才能を隠してきた。昨年には音楽を教えていた10代の未成年者を野球バットで暴行した疑いで警察の捜査を受けてきた。該当事件は起訴意見で検察に送致されたが、IRONが死亡したことにより事件は終結した。

故IRONはソウル追悼公園で永眠している。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-25 06:01:02