トップ > エンタメ > TV・映画 > 2PMジュノ&イ・セヨン、「赤い袖先」キスシーン&ベッドシーン撮影時の心境は?

2PMジュノ&イ・セヨン、「赤い袖先」キスシーン&ベッドシーン撮影時の心境は?


  • 2PMジュノ&イ・セヨン、「赤い袖先」キスシーン&ベッドシーン撮影時の心境は?
  • MBC

ドラマ『赤い袖先』で正祖(チョンジョ)と女官として呼吸を合わせたジュノとイ・セヨンが撮影のビハインドストーリーを公開した。ジュノは「友達のように親しくなった撮影5か月目に初めてキスシーンを撮ってぎこちなかった」と明らかにした。

26日に放送されたMBC『ラジオスター』には最高視聴率17.4%という目標視聴率を達成し視聴率公約を達成するために俳優陣が出演した。 2PMのジュノ、女優のイ・セヨン、俳優のチャン・ヒジン、俳優のオ・デファン、俳優のカン・フン、俳優のイ・ミンジが登場した。

キム・グラは「MBCのドラマはこれまでとても大変だったが、今はうまくいっている」と該当ドラマの人気に驚いた。ジュノは「ドラマ撮影の回数が増えるにつれて視聴率が高くなり、このままでは『ラジオスター』に出演するだろうと思った」と打ち明けた。ジュノはこれに先立ち「視聴率15%を超えたら袞龍袍(コルリョンポ)を着て「My House」を踊る」と約束した。ジュノは「実はみんな簡単ではない目標値だと思っていた」とし「もし公約をしないつもりであれば、バンジージャンプすると言っていたはず」と話した。

ジュノは該当ドラマで最優秀賞とベストカップル賞を受賞したが受賞当時「2PMのジュノ」と自分を紹介し好評を博した。彼は「僕はいつもの習慣でもあり、それが事実でもあるから」と当然そうに話した。また、「やっぱり僕は2PMのジュノが僕のアイデンティティと近くて友達がみんな家族のようだ家族を紹介する気持ちだ」と付け加えた。

ジュノは普段から親しい俳優のナムグン・ミンとの縁を公開した。「授賞式が終わって記念写真を撮る時、ナムグン・ミン先輩が僕のところに来て頬にチューした。おめでとう」と話した。また「2017年にはナムグン・ミンとベストカップル賞を受賞し、その時は僕が頬にチューした」と話し笑いを誘った。

  • 2PMジュノ&イ・セヨン、「赤い袖先」キスシーン&ベッドシーン撮影時の心境は?
  • MBC

女優のイ・セヨンは『ラジオスター』に10年ぶりに再訪問すると発表した。2012年に子役俳優特集で出演したのだ。イ・セヨンは「当時は私が一番年上だったが、今は私が末っ子」と喜んだ。

イ・セヨンは、「ソン・ドクイム役が多くの愛を受けた理由がある」と話した。イ・セヨンは「朝鮮時代の女性というには、王が告白するのに、承恩を2度も拒み「一度も殿下に恋慕したことはない。今後もそのようなことはない」というセリフを言うが、首にナイフが入っても何も言えないと思った」と感想を伝えた。

イ・セヨンは「自ら選択しながら生きようとした点でとても主体的で視聴者の方々が共感し理解してくださったと思う」と説明した。

  • 2PMジュノ&イ・セヨン、「赤い袖先」キスシーン&ベッドシーン撮影時の心境は?
  • MBC

ジュノはドラマで正祖の役を演じた。彼は「最初、シナリオを見てとても面白くて半身浴をしながら見てその場で読み終えた」と打ち明けた。彼は「当時は正祖役に対する負担はなかったが、友人のお母さんから正祖役は最高のスターにしかできないと言われた」とし「急に負担が押し寄せた」と話した。

彼は「もう少し自信を持ちたい気持ちでチェ・スジョン先輩のインタビューを見た」とし「その先輩でさえ初めて王役を演じる時は似合わないと言われたそうだ」と話した。

ジュノは「実際に正祖と性格が似ていると聞いた」というキム・グクジンの質問に「そうしようと努力した」と答えた。彼は「正祖が自分には厳しいが民は愛で面倒を見ていた。僕も自分自身にはちょっと…」と言って笑いを誘った。MCたちが笑うとジュノは「自分の管理に努め自分をできるだけ客観的に見ようとしファンを本当に愛している」と釈明した。

ジュノは「お風呂のシーンを早く撮りたかった」と明らかにし期待を集めた。彼は「危険だった世孫時代の敏感な時の体と、文武にも優れたきゃしゃな体を作りたかった」とし「その場面のために鶏の胸肉とさつまいもだけを食べた」と打ち明けた。 「そのため5分から10分以内に食事を済ませ俳優の皆さんと一緒に食事ができなかった」と付け加えた。

ジュノは「満足してるか?」という質問に「実は韓国ドラマでは露骨に自分の体を見せなかった」とし「個人的にはもっと見せたかったのではないかと思った」と答えた。ジュノは「もともと人が体を作ると、やたらと大げさに見せたくなるものがある」とし「僕はあの時、360度見せたかった」と打ち明けた。

  • 2PMジュノ&イ・セヨン、「赤い袖先」キスシーン&ベッドシーン撮影時の心境は?
  • MBC

イ・セヨンとジュノは2人のキスシーンに関するビハインドストーリーも打ち明けた。イ・セヨンは「普通、撮影から1か月目にはキスシーンを撮るが、私たちは5か月後に撮るようになった、とても親しくなり家族のようになった後に撮るようになった」と話した。

ジュノは「僕たちは一度で終わることを期待していた。 久しぶりで…」と失言し笑いを誘った。彼は「第14話までキスシーンがなかったため僕たちは家族であり、キスシーンはないと撮影した仲だ」と話した。

しかし、2人のキスシーンに関する意見は分かれた。ジュノは「僕はむしろ親しくない時にキスシーンを撮った方がいい」と言ったが、イ・セヨンは「私は息を合わせるのだから、親しくなってからやった方がいい」と話した。これに対しアン・ヨンミは「ジュノさんはいきなりやりたかったようだ」とからかった。ジュノは「見知らぬ人が魅力的」と答えた。

ジュノは「親しくなることと実際にロマンチックに親しくなること本当に親しい友達のように気兼ねなく親しくなることがある」と話し、イ・セヨンは「私たちは戦友愛だった」と話した。ジュノは「後はお互いに口腔清潔剤を使って撮る程度」と証明した。

2人は話題になったベッドシーンについても話した。ジュノは「やはり敬虔な気持ちでミスなく一発で終えた」と話した。「もともと台本上では、セヨンさんがチョゴリを少し脱ぐなどセクシーかつハラハラさせられるシーンだった。リハーサルをしていたらどういうわけか分からないが監督から「やめておこう」と言われた」と打ち明けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セロム客員記者
  • 入力 2022-01-27 00:02:13