トップ > エンタメ > TV・映画 > パク・ソジュン&ハン・ソヒ「京城クリーチャー」出演確定 撮影を本格スタート

パク・ソジュン&ハン・ソヒ「京城クリーチャー」出演確定 撮影を本格スタート


  • パク・ソジュン&ハン・ソヒ「京城クリーチャー」出演確定 撮影を本格スタート
  • 各所属事務所

『京城クリーチャー』がパク・ソジュン、ハン・ソヒのキャスティングを確定して本格的な撮影に突入した。

『京城クリーチャー』は時代の闇が最も濃かった1945年の春、生存がすべてだった2人の若者が欲望の上に誕生した怪物と対立するクリーチャースリラーだ。生と死の境界で熱い死闘を繰り広げる人々の物語が爽やかなカタルシスと共に人間の尊厳、人間らしさは何かについての根本的な質問を投げかける。『浪漫ドクター キム・サブ』シリーズなどを通じて大衆の絶対的支持を受けるカン・ウンギョン作家と『ストーブリーグ』で力強い演出を見せたチョン・ドンユン監督が完成する風変わりなクリーチャードラマの誕生が期待を刺激する。

何よりパク・ソジュンとハン・ソヒの出会いはドラマファンをさらにときめかせる。パク・ソジュンは北村で最も「ホット」な資産家で、京城一の情報通「チャン・テサン」を引き受ける。生き残るために歯を食いしばって耐えてきた彼は、世の中で生き残る処世術に本能的に長けている人物だ。生まれつきの瞬発力と洞察力、特有の親和力で北村を牛耳る有名人となったチャン・テサン。正義よりは目の前の現実だけを信じて従ってきた彼がまったく異なる人生を生きてきたユン・チェオク(ハン・ソヒ)と出会い、必死に目をそらせてきた胸深くに秘めておいたものを直視し「人間らしく生きること」について悩んで変貌する。

パク・ソジュンは「京城という時代的背景に多くの関心を持っていた。そんな背景の作品に出会い、素晴らしい作家、監督、スタッフの方々と共にでき、ときめいて嬉しい。今後、俳優として熱心に「チャン・テサン」を演じてみる」と伝え、期待感を高めた。

ハン・ソヒは死んだ人も見つけられると噂の人探し屋「ユン・チェオク」に変身する。幼い頃から父と一緒に満州と上海を行き来して生き残る方法を体得したユン・チェオク。凄惨で悪夢のような現実でも必死に生き残ってきた彼女は銃、刀の扱いが上手なだけでなく、扱えない機械がないほど鋭敏だ。10年前に姿を消した母親の行方を探すために京城に来た彼女はチャン・テサンと縁を結ぶことになり、謎の連鎖失踪事件を追っていた中、すさまじい現実に直面することになる。

ハン・ソヒは「一見強いようでも温かい心を持ったチェオクのように、多彩で限界のない話でいっぱいの『京城クリーチャー』で新しい姿をお見せすることになり光栄に思う。送ってくださる大きな関心と期待に応えるように、もっと一生懸命準備して良い姿をお見せしたい」と愛情のこもった感想を伝えた。

とどまることを知らない怪物、そして怪物よりも怪物のような人々に立ち向かって熱い戦いを繰り広げるチャン・テサンとユン・チェオク。2人を完成させるパク・ソジュン、ハン・ソヒの活躍がこれまでより期待される。

『京城クリーチャー』は2023年放送予定だ。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-27 09:18:12