トップ > エンタメ > スターニュース > チソン、独立したマネージャー設立のサーパスENTと専属契約 さらなる活躍に期待

チソン、独立したマネージャー設立のサーパスENTと専属契約 さらなる活躍に期待


  • チソン、独立したマネージャー設立のサーパスENTと専属契約 さらなる活躍に期待
  • サーパスENT

俳優チソンがサーパスENTと専属契約を締結した。

映画やドラマで活発な演技を続けているチソンがサーパスENTと専属契約を締結した。サーパスENTはチソンと長く共にしてきたマネージャーが設立した新しい会社で、チソンはマネージャーとの義理と厚い信頼をもとに新しい企画会社でも縁を続けることになった。

チソンはMBC『キルミーヒールミー』、SBS『タンタラ~キミを感じてる』、SBS『被告人』、tvN『知ってるワイフ』、SBS『医師ヨハン』など、多数の作品を通じて作品ごとに独歩的な存在感を見せ、多彩な演技の饗宴で好評を集めることはもちろん、2015年MBC『キルミーヒールミー』、2017年SBS『被告人』で2度も演技大賞を受賞し、韓国を代表する名品俳優としての立地を固めている。

彼は昨年放送されたtvN『悪魔判事』で主人公カン・ヨハン役を演じ視聴者たちから愛された。「悪を悪で処断する」というキャラクター設定によってチソンだけのカン・ヨハンを誕生させることはもちろん、毎回視聴者たちを圧倒する完璧な演技で善と悪の境界に立った人物を立体的に描いて序盤に張られていた様々な感情と行動の伏線をすべて回収するなど、最後まで感嘆と衝撃を与えて視線を集めた。

サーパスENTは「チソンが存分に力量を発揮し、さらに幅広い活動を続けることができるよう全面的なサポートを惜しまない」と明らかにし、新しい所属事務所と共にチソンが続ける活動に期待感が集まっている。

チソンは最近、tvNの新しいドラマ『アダマス』で劇中、双子として生まれたが性格も問題解決方法も異なる人気推理小説作家ハ・ウシンと中央地検特殊部検事ソン・スヒョン役を引き受けて1人2役の演技を披露し、再びキャラクターの饗宴を続ける予定だ。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-27 08:42:02