トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > キム・テリ&ナム・ジュヒョク、「二十五、二十一」が描く1998年の青春を紹介

キム・テリ&ナム・ジュヒョク、「二十五、二十一」が描く1998年の青春を紹介


  • キム・テリ&ナム・ジュヒョク、「二十五、二十一」が描く1998年の青春を紹介
  • スタートゥデイDB

現実の危機の中でもきらきら輝く若者たちの話が登場する。

9日午後、NAVER NOWではtvNの新土日ドラマ『二十五、二十一』の制作発表会が生放送で行われた。現場にはチョン・ジヒョン監督やキム・テリ、ナム・ジュヒョク、キム・ジヨン、チェ・ヒョンウク、イ・ジュミョンが出席した。

12日午後9時10分から放送される『二十五、二十一』(脚本クォン・ドウン、演出チョン・ジヒョン)は1998年の時代に夢を奪われた若者たちの彷徨と成長を描いたドラマだ。22歳と18歳の時に初めて互いの名前を呼び合った2人が、25歳と21歳となって愛し合い成長する清涼な初恋、そして友情と愛の間で紛らわしいときめきとつらい悩みを共にする5人の若者たちのケミストリー、純粋で熾烈だった青春の記憶を描く。

2019年に放送されたtvNドラマ『恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜』で息を合わせたクォン・ドウン作家とチョン・ジヒョン監督がもう一度手を組んだ作品なので期待を集めている。

この作品はキム・テリとナム・ジュヒョク出演のニュースだけで放映前から話題を集めている。キム・テリ、ナム・ジュヒョクの青春ドラマの強みはどこにあるのだろうか。チョン・ジヒョン監督は「キム・テリ、ナム・ジュヒョクの名前だけでも強みではないか」と愛情を表した。それとともに「感性がとてもいい俳優たちだ。台本で準備してきた解釈と感性がとても上手な俳優たちだ。1998年の話を展開する作品だが実際、私が高校生だった。その時代を経験した私にもかかわらず俳優たちがあまりにもしっかり準備してきたのでアイデアを得るほど」と絶賛した。

チョン・ジヒョン監督はまた「青春が成長する中で経験する様々な出来事が時代の出来事と関連していると思う。個人の話だが、時代の話でもある。人物の成長を重みをもって展開する点が差別点」とし現場に出席できなかったクォン・ドウン作家の言葉を代わりに伝えた。

『二十五、二十一』は1998年を背景としている。それほど遠くもないが多くのことが、その時間の間に変わってしまった。似ていながらも異なる時代像を映像に収めることが難しかった部分が多いだろう。時代の背景を1998年にした理由を尋ねるとチョン・ジヒョン監督は「1990年代末は激変した時期だと思う」とし「現在、新型コロナウイルスの時局を経験しているのではないか。両親世代が経験したIMF時代や幼い世代が経験している今が接している部分があると思った。共感できるという考えから1998年に設定して物語を構成した」と説明した。

続いて「スタイリングと場所選びに気を使った」とし「今はスタイリングにビデオ画質のようなフィルターを使っても(見た目には)大差なかったようだ。しかし、似ていながらも少しは違う点があって、むしろ時代劇や時代劇を撮るのがもっと気楽ではなかったかと思った。最善を尽くして考証に合わせようとした」と付け加えた。

  • キム・テリ&ナム・ジュヒョク、「二十五、二十一」が描く1998年の青春を紹介
  • スタートゥデイDB

『ミスター・サンシャイン』以降、3年6か月ぶりにドラマ復帰するキム・テリは劇中でIMFによりチームが消えたが諦めを知らない情熱と覇気に満ちた高校フェンシングの卵、ナ・ヒド役を演じる。キム・テリはドラマを選んだ理由について「最初は作品が面白かった。最近、サスペンス系のドラマが非常に多いが、その中でとても美しくわくわくし幸せになる台本だった」と話した。続いて「ナ・ヒドのキャラクターはとても明るくエネルギーに溢れている。耳慣れない面白みのある子だった。そうした点に惹かれた」と付け加えた。

また『ミスター・サンシャイン』の後に再会するチョン・ジヒョン監督については「当時、本当に良い思い出と感情を持っていた。 それでまた会えてとても良かった。一番いい部分は最初の撮影で 「ヒド、私は本当によく分からない」とおっしゃってた。そんな率直な部分が信頼できた。分からない部分について話し合いコミュニケーションを取るポイントが良かった」と説明した。

キム・テリは自分が演じたナ・ヒドのキャラクターの自慢も欠かさなかった。キム・テリは「ナ・ヒドは魅力が本当に多い。堂々とした態度は自分自身に確信があるから生じるものだ。好きなことに対する可能性に対する確信がある。その魅力が一番大きいと思う。すべての面で本気なのも私の姿と似ているような気もする」と説明した。

ナム・ジュヒョクはIMFで貧しくなった家族の長男として粘り強く暮らし記者になったペク・イジン役を演じる。1998年、大韓民国は通貨危機に見舞われ国家不渡りという事態に見舞われた。韓国戦争後、目覚しい経済成長を見せ「漢江(ハンガン)の奇跡」という神話を成し遂げたが会社が倒産し家計経済が破綻した。ナム・ジュヒョク演じるペク・イジンは当時多くの人々が経験した経済危機に直面する人物だ。

ナム・ジュヒョクは 「新しい魅力をお見せしないと、というよりは、私が演じたキャラクターを多彩にお見せすることに、もう少し気を使った。どうすれば閉じ込められず、100なら100色をすべて見せてくれるか悩んだ」と話した。続いて「台本に忠実になろうと思った。そして私の経験を少しずつ書き記した。また、当時の文章と映像、資料をたくさん検索した」と事前準備について言及した。

キム・ジヨンは、劇中で18歳の同い年のナ・ヒドとライバルになるフェンシング国家代表のコ・ユリム役を演じた。2人は劇中のライバル関係のように現実でもフェンシングでライバル心を燃やしたという。キム・ジヨンは「キム・テリさんを見てとても驚いた。私より3~4か月先に毎朝出てフェンシングの練習をしていた。それで私も3か月間毎日行った。一緒に試合やレッスンをしながら泣いたり笑ったりした時間が撮影でとても役立った」と説明した。続いて「本当にライバル心が強くて試合もした」と付け加えた。キム・テリも「決闘状も送った」と2人の人並み外れたライバル心に触れ笑いを誘った。

キム・テリは「キム・ジヨンの家に招待されたことがあるが、砂袋をつけて走った。今考えると本当におかしいと思う」とエピソードを打ち明けた。これに対しキム・ジヨンは「とても驚いた。キム・テリさんを見たが頭から足先まで濡れていた。(家が)かなり遠いのに、とても衝撃だったし多くのことを悟る時間だった。すごかった」と褒め称えた。キム・テリは「それにもかかわらず負けた。とても腹が立った。何回か負けて一度だけ勝ったのに心から泣いた」と付け加えた。

ハイライト映像を見るだけでも1998年という外部の状況と戦う若者たちの姿と彼らの関係、コンビネーションがうまく表現されている。このうち、必ず注目しなければならないポイントは何だろうか?

チョン・ジヒョン監督は「台本がとても鮮明だ。その中にはいいセリフが多い」と台本のセリフを挙げた。続いて「そのセリフを俳優たちが心を込めて表現している」とし「昔の友達と昔の話になれば思い出になり懐かしくなるものだ。私たちのドラマを通じて、 うきうきしてほしい。誰でも失敗し成功し得るものがあれば失うものもある。過去を思い出し今日の自分を慰めるドラマになることを願う」と伝えた。

キム・テリは「きらきら輝くドラマだ。そこで注目すべき点は過ぎ去ったということにあるようだ。永遠なものはないが、その瞬間は輝きすぎたという思いを感じさせるドラマだ。ぜひ視聴してほしい」と話した。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-02-09 15:31:15