トップ > エンタメ > パク・ボゴムからヤン・セジョンまで、今年除隊する俳優たちに韓国ドラマ界が沸く

パク・ボゴムからヤン・セジョンまで、今年除隊する俳優たちに韓国ドラマ界が沸く


  • パク・ボゴムからヤン・セジョンまで、今年除隊する俳優たちに韓国ドラマ界が沸く
  • スタートゥデイDB

韓国のコンテンツがグローバルトレンドとして脚光を浴びている中で、今年除隊する俳優たちの作品に期待がかかっている。

兵役によるブランクがあるにも関わらず、冷めない人気を見せた彼らの次作がグローバルファンと会う準備をしている。

去る1月5日に除隊した俳優ウ・ドファンはNetflix シリーズ『猟犬たち』をカムバック作に決定した。

『猟犬たち』はお金を追って闇金融の世界に足を踏み入れた3人の若者が巨大な勢力に巻き込まれて繰り広げられる話だ。同名のネイバーウェブトゥーンを原作にして、強いアクションとバディドラマに卓越した才能を見せた『ミッドナイト・ランナー』のキム・ジュファン監督が脚本と演出を引き受けた。

ウ・ドファンは借金を返すために闇金融の世界に飛び込んだ「ゴヌ」を演じる。ゴヌは新人王戦で優勝したボクシングの有望株だったが、母親の借金を返すために闇金融業界の伝説、チェ社長と会って警護員として新しい人生を迎える人物だ。

ウ・ドファンだけの鋭さ、悲しみ、善良さが共存する眼差しとしっかりとした演技力でキャラクターを完璧に表現する見通しだ。

この作品のために食事の管理はもちろんボクシング、運動、アクションスクール、ピラティスまで運動する時間を1日4つのタイムに分けて準備している。

昨年11月に除隊したBTOBの末っ子ユク・ソンジェは完全体でのBTOBの活動にまい進する。今月21日、3rdフルアルバム『Be Together』を発売する。BTOBが5年ぶりに出すフルアルバムであり、4年ぶりに完全体で出すアルバムだ。

次作も早くも確定した。ユク・ソンジェは復帰作としてMBCの新しいドラマ『金のさじ』を選んで話題を集めた。

貧しい家で生まれた子どもが偶然手に入れた金のさじにより裕福な家庭で生まれた友人と運命を変えて後天的金のさじとなった人生アドベンチャー物語を描いたドラマだ。ユク・ソンジェは貧しい家で生まれ、偶然手に入れた金のさじで人生逆転を夢見る学生イ・スンチョン役を引き受ける。

彼は同名のウェブトゥーンを原作にしたドラマ『金のさじ』で人生逆転を夢見る主人公イ・スンチョン役を演じ、熱演を繰り広げる予定だ。『ドクターロイヤー』の後続として今夏放送される予定だ。

昨年11月に除隊したヤン・セジョンはBLOSSOMエンターテイメントに移籍して次作を検討中だ。入隊前まで俳優生活の前半部を見せたのなら、これからが本格スタートと言える。

SBSドラマ『浪漫ドクターキム・サブ』、『師任堂(サイムダン)、色の日記』を通じて大衆に強い印象を残した彼はSBS『愛の温度』『30だけど17です』の主人公に抜擢された。

以後、スリラー、時代劇、ロマンスなど幅広い演技スペクトルを立証し、人気俳優となった。

JTBC『私の国』を最後に現役入隊した彼は除隊とともに30代の俳優として新しい出発を知らせている。

海軍兵長パク・ボゴムは来る4月30日に除隊する。入隊前に出演した『SEOBOK/ソボク』『青春の記録』が熱い関心を集めただけに次作へのラブコールが続いている。

除隊後には入隊前に撮影した映画『ワンダーランド』でまずは大衆と会う予定だ。スジ、チョン・ユミ、チェ・ウシク、シコン・ユ、タン・ウェイなど華麗なラインナップを誇る『ワンダーランド』は会いたい人に会える仮想世界を素材にした作品だ。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデ記者
  • 入力 2022-02-14 13:55:02