トップ > エンタメ > 待ちに待ったパク・ボゴムの除隊、応答せよ“ボゴムマジック”

待ちに待ったパク・ボゴムの除隊、応答せよ“ボゴムマジック”


  • 待ちに待ったパク・ボゴムの除隊、応答せよ“ボゴムマジック”
  • パク・ボゴム | スタートゥデイDB

待ちに待っていた瞬間がやってきた。俳優パク・ボゴムが国防の義務を終え、復帰まで秒読みの段階に突入した。

パク・ボゴムは21日、予定より早めに軍服を脱いだ。彼は最近残っている個人休暇や除隊前休暇などを消化すると部隊に申請し、この日、事実上除隊した。

現在、韓国軍は新型コロナウイルスの部隊内拡散防止のため、除隊前の個人休暇使用時に部隊に復帰せずにそのまま除隊させている。当初、パク・ボゴムの除隊日は4月30日だったが、軍の方針によりパク・ボゴムの除隊も予定日より約2カ月前に引き上げられた。

パク・ボゴムは2020年6月、海軍の文化広報団の鍵盤部に支援し、実技試験と面接試験を受けた。同年8月に入隊して軍服務を始めた。

パク・ボゴムは軍服務中に理髪師資格証を取得して話題を集めたり、除隊を控えた10日には慶南昌原海軍教育司令部で680期訓練兵を対象に「模範リーダー兵士軍服務成功事例教育」を担当する一日教官となり注目された。

パク・ボゴムは2011年映画『ブラインド』でデビューした俳優だ。明知(ミョンジ)大学ミュージカル学科に2014年に入学し、2018年に卒業した。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015)、『雲が描いた月明り』(2016)を通じて「ボゴムマジック」という言葉を誕生させた。『ボーイフレンド』(2018)で大人のロマンスを消化して演技スペクトルを広げた。ここに軍入隊前にあらかじめ撮影を終えた『青春の記録』(2020)が彼の軍入隊後に公開され、彼の不在を惜しむファンたちの心を癒した。

これまでパク・ボゴムは作品ごとに自分だけの魅力を生かして絶対的な愛を受けてきた。「キャスティングしたい俳優1位」に輝くパク・ボゴムの軍除隊のニュースが伝えられ、彼の活動に対する業界内外の期待が高まっている。

しかし、本業に復帰したパク・ボゴムをすぐに見るのは難しい。パク・ボゴムがまだ軍人身分だからだ。所属事務所BLOSSOMエンターテイメントは毎日経済スタートデイに「4月30日まで軍人の身分なので、特別な活動は行わずに静かに休憩を過ごす予定だ」と明らかにした。

パク・ボゴムは入隊前に撮影した映画『ワンダーランド』の公開を控えている。スジ、チョン・ユミ、チェ・ウシク、コン・ユ、タン・ウェイなど華麗なラインナップを誇る『ワンダーランド』は、会いたい人に会える仮想世界を素材にした作品だ。

パク・ボゴムは軍服務中にも数多くのラブコールを受けたと知られているだけに、彼が選ぶ軍除隊後の復帰作に対する関心が高まっている。

パク・ボゴムは今年で30歳になった。2022年に30代の扉を開き、華やかに本業に復帰する彼の活躍に関心が集まる。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-02-22 16:07:55