トップ > エンタメ > スターニュース > ソ・イェジ、ドラマ復帰を控えて隣人と駐車トラブル?「4年間 苦痛を受けた」

ソ・イェジ、ドラマ復帰を控えて隣人と駐車トラブル?「4年間 苦痛を受けた」


  • ソ・イェジ、ドラマ復帰を控えて隣人と駐車トラブル?「4年間 苦痛を受けた」
  • スタートゥデイDB

女優のソ・イェジが私生活の物議から1年ぶりの復帰を控えている中、昨年、駐車場問題で隣人ともめたことが明らかになった

3日、SBS『芸能ニュース』の報道によるとネットユーザーのA氏は昨年5月、あるオンラインコミュニティで、「ソ・イェジの両親がペットの垣根を共用の階段に設置して隣人とトラブルがあり両親の家をよく訪れるソ・イェジが駐車問題で隣人に被害を与えたことが何度もある」というコメントを掲載した。

A氏は「4年間、苦痛を受けた」とし、「ソ・イェジと弁護士に会って謝罪を受けたが、「両親が引っ越す」と言ってソ・イェジが(インターネットに)書き込みを載せませんよね?」と話した」と謝罪の真剣度を疑ったと伝えた。

物議と関連しソ・イェジの所属事務所GOLDMEDALISTはこのメディアに「抗議を受けた後、心を込めて謝罪を伝えた」とし「先日、家族が引越しもしたし円満に終わった」と釈明した。

続いて「真剣度は相手が感じる部分なので、どう言えばいいか分からない」と付け加えた。

これに先立ちソ・イェジは元彼の俳優キム・ジョンヒョンの演技活動に関与し女性俳優たちとのスキンシップを拒否するよう要求したという疑惑が持たれた。これに学歴詐称、いわゆるパワハラ疑惑など各種の疑惑が加わり芸能活動を暫定的に中断した。

物議から1年ぶりにtvNドラマ『イブ』で活動を再開する彼女は先月27日、所属事務所を通じて「これまで私にくださった叱責と数多くの話を見て、自分自身を省みる時間を持った」とし「これからは慎重に行動し成熟した姿をお見せするよう努力する」と一歩遅れて謝罪文を発表し「中身のない謝罪」と批判された。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-03 17:46:04