トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > チョン・ヘイン、「木は立って死ぬ」の出演オファーを受けたが決定ではない

チョン・ヘイン、「木は立って死ぬ」の出演オファーを受けたが決定ではない


  • チョン・ヘイン、「木は立って死ぬ」の出演オファーを受けたが決定ではない
  • スタートゥデイDB

俳優のチョン・ヘインが『木は立って死ぬ』の出演オファーを受けた。

チョン・ヘインの所属事務所FNCエンターテインメントの関係者は7日、毎日経済スタートゥデイに「チョン・ヘインがKBS2新ドラマ『木は立って死ぬ』の出演オファーを受けたが、決まったことはない」と明らかにした。

以前、あるメディアはチョン・ヘインが『木は立って死ぬ』に出演すると報道した。

『木は立って死ぬ』は北朝鮮から来た、余命宣告を受けたおばあさんの最後の願いを叶えるため、帰順した孫を演じる男性の演劇にまつわる人々の話を描いた作品だ。これに先立って女優のユン・ヨジョンとカン・ハヌルが出演を決めて話題を集めた。

ドラマ『月が浮かぶ川』、『風と雲と雨』、『師任堂、色の日記』などを演出したユン・サンホ監督と映画『ヒットマン エージェント:ジュン』、『ミッドナイト・ランナー』などを執筆したチョ・ソンゴル作家がタッグを組んだ。

『木は立って死ぬ』はキャスティングが完了し次第、本格的な制作に入る計画だ。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-07 13:45:43