トップ > エンタメ > スターニュース > チョン・ジヒョン、登村洞所在の商店ビルを505億ウォンで購入

チョン・ジヒョン、登村洞所在の商店ビルを505億ウォンで購入


  • チョン・ジヒョン、登村洞所在の商店ビルを505億ウォンで購入
  • スタートゥデイDB

女優のチョン・ジヒョン(41、本名ワン・ジヒョン)がソウル江西区(カンソグ)登村洞(トゥンチョンドン)の商店ビルを505億ウォンで購入した。

9日、BIZ.HANKOOKによるとチョン・ジヒョンは先月25日、ソウル江西区登村洞所在の商店ビルを国民銀行に505億ウォンで購入した。

チョン・ジヒョンが購入した建物は、愛敬(エギョン)グループと軍人共済会が共同で建てた不動産開発会社のAMPLUS資産開発が2019年2月に地上3階建て(延べ面積5098平方メートル)で建てて、昨年3月に国民銀行から350億ウォンを受けて売却したものだ。

チョン・ジヒョンは先月4日に売買契約を結び3週間で所有権移転登記を終えた。購入当時、新韓銀行がこの建物に債権最高額336億ウォンの根抵当権を設定したが、新韓銀行の根抵当権の設定比率が融資金の110%であることに照らしてみればチョン・ジヒョンは200億ウォンに305億ウォンの不動産担保融資を受け建物を購入したものと推定される。

チョン・ジヒョンは芸能界屈指の「不動産財閥」だ。彼女はソウルだけでも不動産4戸を保有しているという。住居地であるソウル江南区アイパーク三星マンションをはじめ、ソウル龍山区(ヨンサング)二村洞(イチョンドン)の商店街、ソウル江南区三成洞(サムソンドン)の商店街に今回購入した登村洞商店街まで商業用不動産も3軒に上る。

現在、チョン・ジヒョンが保有している商業用不動産3軒の価値だけ、買入価格基準で888億ウォンに達するという。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-09 10:14:08