トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ドラマ「二十五、二十一」、4週連続ドラマ話題性1位&キム・テリが出演者話題性1位

ドラマ「二十五、二十一」、4週連続ドラマ話題性1位&キム・テリが出演者話題性1位


  • ドラマ「二十五、二十一」、4週連続ドラマ話題性1位&キム・テリが出演者話題性1位
  • tvN

『二十五、二十一』が4週連続ドラマの話題性1位になった。

tvNのドラマ『二十五、二十一』は前週比で話題性が17.76%上昇し自己最高点の更新に成功し4週連続ドラマ1位を維持した。ナム・ジュヒョクとキム・テリのコンビネーションにはネットユーザーからの好評が多く2人の初々しい姿に「胸がときめく」というコメントが殺到した。ドラマ出演者の話題性部門でキム・テリ、ナム・ジュヒョク、キム・ジヨンが並んで1位、2位、3位につけた。

KBS2『紳士とお嬢さん』は前週比で話題性11.49%上昇し、2ランクアップしてドラマ2位を記録し、最近3週連続点数上昇傾向を見せた。チ・ヒョヌが記憶を喪失した後、作品の展開にもどかしさを表した反応が多かったが、前回の放送で失った記憶を思い浮かべる場面が放送されネットユーザーの期待が高まった。ドラマ出演者の話題性部門でパク・ハナ5位、チ・ヒョヌ6位となった。

SBS『社内お見合い』はドラマの話題性3位と順調な滑り出しを見せた。キム・セジョンのずうずうしい演技にネットユーザーの注目が発生し演技力が絶賛された。また初回放送以降「幼稚だが面白い」という肯定的な視聴意見が多数現れキム・セジョンはドラマ出演者の話題性部門で4位、アン・ヒョソプは7位となった。

ドラマ4位と5位はJTBC作品が占めた。4位はJTBC『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!』で前週比話題性27.75%減少し2段階順位が下がりドラマ4位を記録した。話題性は2週連続で減少したが、ドラマに対するネットユーザーの反応は好評だった。「ソン・ガンとパク・ミニョンの相性がいい」という意見や2人の飲み屋でのデート場面が話題になった。パク・ミニョンはドラマ出演者の話題性部門で10位につけた。

5位は『39歳』で前週比話題性27.79%減少し2段階下がった。また、初回放送以後、2週連続点数が減少した。作品の刺激的な設定に「陳腐だ」というネットユーザーの指摘が絶えず出てきたが、ソン・イェジン、チョン・ミド、キム・ジヒョンの友情が良いという評価もあった。 ドラマ出演者の話題性部門でソン・イェジンは9位を記録した。

SBSドラマ『悪の心を読む者たち』は前週比で話題性3.96%上昇したが、1ランク下がってドラマ6位になった。キム・ナムギルの演技力のドラマへの没入を高めるという絶賛が多数発生し終映まであまり残っていないため残念だというコメントも多数あった。キム・ナムギルはドラマ出演者の話題性部門で8位になった。

次にドラマの話題性7位はtvN新作『軍検事ドーベルマン』、8位はTV CHOSUN『結婚作詞 離婚作曲3』(前週比話題性31.05%減)、9位はKBS1『太宗イ・バンウォン』(前週比話題性16.69%増)、10位はMBC『トレーサー』(前週比話題性37.59%減)の順だった。

本調査はテレビ話題性分析機関グッドデータコーポレーションが、2022年2月28日から2022年3月6日まで放送中または放送予定のドラマ18本を対象にニュース記事、ブログ/コミュニティ、動画、SNSで発生したネットユーザーの反応を分析し3月7日に発表した結果である。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-10 17:37:21