チョン・ヨンファ、デビュー5周年を迎え「残りの時間もっと多い」


デビュー5周年を迎える歌手兼俳優チョン・ヨンファの多様な演技の歩みに関心が集まっている。

チョン・ヨンファは最近自身のTwitterを通じて「デビュー5周年を祝ってくださりありがとうございます。時間がとても早いですね。けれどこれからの残りの時間のほうがもっと多いので期待をたくさんしてください!Thank you!」と感謝の気持ちを伝えた。

チョン・ヨンファはデビュー以降ブラウン管と公演会場を行き来して忙しい活動を行ってきただけに歌手活動の他にも演技者として多様な活動を繰り広げた。チョン・ヨンファは2009年10月7日初放送されたSBSドラマ「美男ですね」を通じて演技者としてデビューした。続いて彼はバンドCNBLUEとしてデビューして活動の合間に演技活動も続けた。

チョン・ヨンファは最初の作品「美男ですね」にてアイドルグループA.N.JELLのメンバーカン・シヌ役で出演しコ・ミナム(パク・シネ扮)の隣を黙々と見守る姿で視聴者たちの愛を受けた。チョン・ヨンファはKBS2「オレのことスキでしょ。」(2011年)にて秀でた歌の実力とギター演奏力を持ったイ・シン役で出演した。KBS2「未来の選択」(2013年)ではアンダーカバーボスVJパク・セジュ役を演じて切ない片思いを演技した。

現在彼はケーブルチャンネルtvN日曜ドラマ「三銃士」にて主人公のパク・ダルヒャン役で出演中だ。パク・ダルヒャンは田舎出身の熱血武官としてチョン・ヨンファがこれまで見せてきた都会的なイメージからの変化を試みた。これからチョン・ヨンファが演技者としてどんな歩みを見せてくれるのか期待が高まる。
  • シークニュース パク・ヘラン インターン記者 / 写真=FNCエンターテイメント
  • 入力 2014-10-11 22:19:53