トップ > エンタメ > TV・映画 > 防弾少年団J-HOPE、新型コロナに感染「治療後アメリカのスケジュールに合流」

防弾少年団J-HOPE、新型コロナに感染「治療後アメリカのスケジュールに合流」


  • 防弾少年団J-HOPE、新型コロナに感染「治療後アメリカのスケジュールに合流」
  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団(BTS)のメンバー、J-HOPE(本名チョン·・ホソク)が新型コロナウイルスの確定判定を受けた。

所属事務所のBig Hit Musicは24日、ファンコミュニティプラットフォームWeversを通じて「J-HOPEがPCR検査で新型コロナウイルスの確定判定を受けた」と報じた。

続いて「J-HOPEは喉の痛みを感じ前日、病院で検査を受けて最終的に陽性と確認された」とし「J-HOPEは新型コロナウイルスのワクチン3次接種まで完了した状態」と説明した。

所属事務所は「(J-HOPEは)現在、のどの痛み以外の症状はなく隔離および在宅治療中」とし「J-HOPEを除く防弾少年団のメンバーは現在、特に症状がない」と伝えた。

続いて「J-HOPEは在宅治療をすべて終えた後、来月予定されているスケジュールに合流する予定」と付け加えた。

防弾少年団のメンバーの中でJ-HOPEは新型コロナウイルスの感染者6人目となる。昨年12月、メンバーのSUGA(ミン・ユンギ)が最初に確定判定を受け、RM(キム・ナムジュン)、ジン(キム・ソクジン)、ジミン(パク・ジミン)、V(キム・テヒョン)などが順番に感染し回復した。ジョングクだけが感染していない。

防弾少年団は4月3日(現地時間)、米国ラスベガスでの公演を控えている。米国はラスベガスで開催される「第64回グラミー賞授賞式」に出席した後、8~9日と15~16日の4回にわたるコンサートでファンと会う予定だ。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-24 14:52:51