トップ > エンタメ > TV・映画 > 低迷する韓国OTTのTVING、イ・ヒョリ「ソウルチェックイン」で反撃なるか

低迷する韓国OTTのTVING、イ・ヒョリ「ソウルチェックイン」で反撃なるか


  • 低迷する韓国OTTのTVING、イ・ヒョリ「ソウルチェックイン」で反撃なるか
  • TVING

済州(チェジュ)で暮らしている歌手イ・ヒョリがソウルで過ごす日常を描いたTVINGオリジナル『ソウルチェックイン』が、公開初週の歴代級成績を記録し興行中だ。

12日、韓国のOTT(オンライン動画サービス)TVINGによると、『ソウルチェックイン』が公開された週の今月8日から10日までの視聴UV(Unique Visitor)が、歴代TVINGオリジナルコンテンツの中で初週成績1位を記録した。視聴UVはTVINGアプリ訪問後、特定コンテンツを一定時間視聴したユーザー数をもとに推算される数値だ。

3日間で視聴UVは公開初日比376%も増加した。3日間の視聴UV数値は、TVINGオリジナルコンテンツのうち、公開初週基準で歴代1位に該当する記録だ。

また、8日の公式公開以後、TVING公式ユーチューブにアップロードされた関連5つの映像の統合再生回数は、11日基準で240万回と集計された。このような反響はパイロットコンテンツより同期間基準ではるかに高い数値の記録だ。

今月8日に公開された第1話では、ソウルに到着したイ・ヒョリが「済州のヒョリ」から「ソウルのヒョリ」に変身してポスター撮影をする姿から、同僚芸能人であるRAIN、パク・ナレ、ホン・ヒョニらと会う姿が描かれた。

イ・ヒョリがソウルで親しい知人と共にする些細な日常は、見る人たちの心を温かくした。急速に変化する世の中に対する彼女の悩みは、まるで誰もが持っている悩みのように感じられ深い共感を与えるとともに、後輩の悩みを分かち合いながら慰める姿は感動を呼んだ。

『ソウルチェックイン』は2013年、イ・サンスンと結婚後、済州に住んで9年目のイ・ヒョリがソウルでスケジュールを終えた後、どこで寝て誰に会ってどこに行くのか、彼女のソウルライフを描いたリアリティー番組だ。ただイ・ヒョリが寝て食べるのではなく、人間イ・ヒョリの率直でリラックスしながらも成熟した姿が映し出され、期待以上の反響を得ている。時には真剣に、時にはイ・ヒョリらしい壁を感じさせない話術で共感と楽しさを覚える。

第1話の公開後、各種コミュニティやSNSには「イ・ヒョリが通ると、改めてソウルが美しいと感じる」、「イ・ヒョリがパク・ナレに言った言葉に、訳もなく私が慰められた」、「一言一言が私のための言葉のようだった。涙が出そうだった」などの反応を得た。

また、イ・ヒョリgraffiti壁画の場所からカクテルバーなど、彼女が訪れた場所がソウルのホットスポットになっている。

聖水洞(ソンスドン)のホットプレイスになったイ・ヒョリgraffiti壁画の前は、認証ショットの名所として浮上した。ネットユーザーらは、「絵なのに本物みたい」、「聖水洞写真の名所」、「イ・ヒョリと認証ショットを撮ろうと出動した」など、感想を残した。

『無限挑戦』、『撮るなら何する?』などをヒットさせたキム・テホPDが、MBC退社後初めて公開するバラエティーという点で話題を集めた。今年1月、OTT初のパイロット形式を導入した『ソウルチェックイン』は、パイロット公開後、TVING有料加入寄与1位という大記録を残した。8日の第1話に続き、毎週金曜日午後4時、新しいエピソードが公開される。

ただ、TVING利用者数と有料加入者の増加傾向はやや鈍っている。 昨年、TVING最高人気作『乗り換え恋愛』、『Work Later, Drink Now』などが口コミで広がり、有料加入者増加に貢献した。一方、TVINGは今年初め、『Dr. Park's Clinic』、『俺はまだ本気出してないだけ』、『豚の王』など多数のオリジナルコンテンツを披露したが、興行には成功しなかった。データ分析プラットフォームのモバイルインデックスによると、TVINGの月間活性利用者数(MAU)は1月は418万人と最高値を記録したが、その後2月は407万人、3月は398万人と減少した。

TVINGは2023年までに800万人の有料加入者の誘致を目標としている。

昨年CJ ENM、JTBC、ネイバーに1500億ウォン規模の有償増資を通じて投資金は確保している状況だ。

しかし、Netflix、Disney+、Apple TV+などグローバルOTTと対立するWAVVE、TVING、Watchaなどの韓国産OTTの競争状況は容易ではない。10日の監査報告書によると、TVINGの昨年の営業損失規模は762億ウォンで、前年度の61億ウォンから12倍に急増した。OTT生存競争で生き残るため、コンテンツ投資を大幅に増やしたことによるものと見られる。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-12 12:27:13