トップ > エンタメ > K-POP > SEVENTEEN、英語シングル「Darl+ing」でK-POP初のAppleとコラボ

SEVENTEEN、英語シングル「Darl+ing」でK-POP初のAppleとコラボ


  • SEVENTEEN、英語シングル「Darl+ing」でK-POP初のAppleとコラボ
  • Pledis Entertainment

グループSEVENTEENの英語シングル「Darl+ing」が明日発売される。

SEVENTEENは15日午後1時、各種オンライン音源サイトを通じて世界中のCarat(ファンの名称)に聴かせたい新しい物語をSEVENTEENだけの感性で表現したデジタルシングル、「Darl+ing」を発表する。

新しい物語の出発点



SEVENTEENは今日(14日)0時、公式SNSを通じて「Darl+ing」のミュージックビデオのティーザー映像を公開し、カムバックの熱気をさらに盛り上げた。大きな扉を開けSEVENTEENが葦原で走る姿で始まるティーザー映像には、余裕ある日常を楽しんでいた彼らが突然混乱する。ウォヌが目隠しをすると、皆が消えてしまう場面へとつながり、気になる展開をみせた。

SEVENTEENの新しい物語の出発点となる「Darl+ing」は5月に発売される4thフルアルバムの先行公開曲で、愛する特別な存在を呼ぶ言葉に足し算記号(+)を加えることで「特別な君と僕が出会って、僕たちは完全に一つになろう」という意味を込めた。

初のグループ英語シングルも自主制作…「SEVENTEEN感性」の結晶体



SEVENTEEN初のグループ英語シングル「Darl+ing」も自主制作で誕生した。ボーカルチームのリーダーでありアルバムプロデューサーであるWOOZIと歌手兼プロデューサーBUMZUが作詞作曲に参加し、「SEVENTEEN感性」の結晶体を完成させた。

「Darl+ing」は相手に対する愛情こもった視線の暖かいムード漂う曲で、ミニマルながらもクセになるサビと独特なボーカルが引き立つポップジャンルの曲だ。

共にするすべての人々への暖かさと「私たちは私たちである時、初めて完全に一つになる」という意味を愛の過程になぞらえて歌詞で表現した。

驚くべきグローバルな歩み…K-POPで初めてToday at Appleとコラボ



SEVENTEENは、グローバルファンが自分たちの音楽をより独創的で創意的な方法で経験できるようAppleとコラボした。参加者が直接リミックスを経験できるセッションToday at Apple「ミュージック研究所:SEVENTEENリミックス」を通じて世界に一つしかない「Darl+ing」リミックスを直接作ることができる。 同セッションは今月15日、Apple明洞で初披露された後、アジア・太平洋地域全域Appleストアに拡大される。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-14 08:57:54