トップ > エンタメ > スターニュース > 2PMジュノ、韓国PD大賞タレント賞を受賞 アイドルでは初めて

2PMジュノ、韓国PD大賞タレント賞を受賞 アイドルでは初めて


  • 2PMジュノ、韓国PD大賞タレント賞を受賞 アイドルでは初めて
  • 韓国PD連合会

2PMのメンバーで俳優のジュノがMBCドラマ『赤い袖先』で韓国PD大賞出演者賞を受賞した。

13日、ソウル市内にある汝矣島KBS別館公開ホールで第34回韓国PD大賞授賞式が開かれた中、ジュノはアイドルグループメンバーとして初めて韓国PD大賞でタレント部門受賞者に選ばれる栄誉を抱いた。

ジュノは「この賞を受賞するという知らせを聞いたときに本当に嬉しかった」とし「視聴者の方々からたくさん愛していただいたこと以外に、PD様たちにも楽しんでもらえ大きな愛を送ってくださって俳優として頑張ってきたと褒めてあげられる時間になったようだ」と感想を伝えた。

『赤い袖先』を演出したチョン・ジインPDは今年のPD賞を受賞して二重のお祝いとなった。

  • 2PMジュノ、韓国PD大賞タレント賞を受賞 アイドルでは初めて
  • 韓国PD連合会

また、SBSのバラエティ番組『尻尾に尻尾を噛むあの日の話』が作品賞と作家賞の2冠に輝いた。

今回の授賞式ではコメディアンのシン・ボンソンがMBC『遊ぶなら何する』でコメディアン部門、ガールズグループのaespaが歌手部門の出演者賞を受賞した。

テレビ進行部門ではMBN『私は自然人だ』のユン・テクとイ・スンユンが賞を受けた。

他にテレビ作品賞ドラマ部門はKBS2『五月の青春』、バラエティ部門ではSBS『ゴールを蹴る彼女たち』が受賞した。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-14 10:28:25