トップ > エンタメ > パク・ソジュンとIUの共演映画『ドリーム』がクランクアップ

パク・ソジュンとIUの共演映画『ドリーム』がクランクアップ


  • パク・ソジュンとIUの共演映画『ドリーム』がクランクアップ
  • Megabox Plus M

イ・ビョンホン監督の新作映画『ドリーム』(仮題)が去る4月13日クランクアップした。

映画『二十歳』『エクストリーム・ジョブ』、ドラマ『恋愛体質~30歳になれば大丈夫』など愉快で暖かい魅力のある作品で知られるイ・ビョンホン監督の新作映画『ドリーム』が今月13日、無事に撮影を終えた。『ドリーム』は選手生活最大の危機に置かれたサッカー選手ホンデ(パク・ソジュン)と生まれて初めてボールを蹴る特別な国家代表チームのワールドカップへの挑戦を愉快に描いた映画だ。

「ホームレス・ワールドカップへの挑戦」という斬新なテーマとイ・ビョンホン監督ならではのユーモア感覚が際立つセリフで心地よい笑いを届ける予定のこの作品には、大人気俳優であるパク・ソジュンとIUが主演を演じた。

イ・ビョンホン監督は「ハンガリーと韓国を行き来しながら海外ロケーションまで長い時間を共に作り出した結果物である」とし、「その過程を一緒に耐えてきた俳優、スタッフたちにとても感謝し、誇りに思っている。私たちがこの映画で伝えたい気持ちが観客に鮮明にうまく伝えられるよう、残りの編集作業もがんばって完成させる」と抱負を伝えた。

サッカー選手生活最大の危機に直面し、起死回生の機会に急造されたホームレス国家代表チームの監督を務めることになったホンデを演じたパク・ソジュンは「ついに『ドリーム』の長旅が終わる日だ」とし、「実際に終わるとなると寂しさが残るが、撮影を無事に終えることができて本当に感謝の気持ちだ。観客の皆さんにたくさん愛していただきたい」と伝えた。

放送局PDソミンを演じたIUも「私にとっては初の長編映画撮影だった。他のどんな作品よりたくさんの思い出が残り、長く記憶に残るだろう。ソミンを演じるときは私も明るく軽くなる感じであり、個人的にもいい時間だった。観客の皆さんが『ドリーム』と一緒にたくさん笑って、温かい心なってもらえればと思う」と付け加えた。

このほかにもサッカー場を回り、演技のアンサンブルを披露するホームレスの選手団と彼らを応援するサポーターたちの活躍も期待を集めている。サッカー団の精神的リーダーであるキム・ファンドン役のキム・ジョンス、ムードメーカーであるチョン・ヒョボン役のコ・チャンソク、サッカー団の邪魔者のソン・ボムス役のチョン・スンギル、小心者でエースのキム・インソン役のイ・ヒョヌ、感性あふれる過激ゴールキーパーであるチョン・ムンス役のヤン・ヒョンミン、無念無想フィジカル担当であるヨンジン役のホン・ワンピョと球団の事務局長であるファン・イングク役のホ・ジュンソク、ソミンを助けるドキュメンタリー撮影スタッフであるビョンサン役のイ・ハニまで、韓国映画界の笑いに責任を持つドリームキャストが集まって、豊かな楽しみを披露する予定だ。

『ドリーム』は編集作業を経て、観客たちを訪ねる予定だ。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-18 08:52:30