トップ > エンタメ > K-POP > VERIVERY「1stフルアルバムなのでワクワク、負担も感じる」

VERIVERY「1stフルアルバムなのでワクワク、負担も感じる」


  • VERIVERY「1stフルアルバムなのでワクワク、負担も感じる」
  • カン・ヨングク記者

グループのVERIVERYが1stフルアルバム発売の感想を明らかにした。

25日の午後、ソウル広壮洞(クァンジャンドン)のYES24ライブホールでVERIVERYの1stフルアルバム『VERIVERY SERIES O 'ROUND 3 : WHOLE'』の発売記念ショーケースが行われた。

今回のアルバムはVERIVERYがデビュー3年目にして発表する1stフルアルバムだ。VERIVERYは今回のニューアルバムを通じて「決戦」というコンセプトを多様に表現した。VERIVERYは「Childhood」をはじめ「Velocity」、「Our Spring」、「Fine」まで多様なジャンルの4曲の自作曲を今回の1stフルアルバムに収録した。

カンミンは「1stフルアルバムなのでプレッシャーもあったし準備過程が忙しかったが、メンバーたちやスタッフたちと一緒に頑張って準備してよく見せることができた」と話した。

3年ぶりの1stフルアルバムの発売の感想も明らかにした。ドンホンは「今回はフルアルバムとして初めて活動するので、とてもわくわくしている。フルアルバムであるだけに負担がなければ嘘だろう。メンバー全員が緊張し、わくわくする気持ちで準備したので関心と愛情を持って見守ってほしい」と話した。

タイトル曲「Undercover」はVERIVERYが初めて試みるラテンヒップホップジャンルの曲で次元の違うジャンルの成長を見せている。新しいスタイルだがVERIVERYならではのディテールを加え唯一無二のクオリティを誇るパフォーマンスもダイナミックな曲の構成に完成度を高めた。

VERIVERYの初の1stフルアルバムは同日の午後6時前、オンライン音源サイトなどを通じて発売される。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-25 16:29:21