トップ > エンタメ > スターニュース > 防疫規則違反容疑のSF9フィヨンとチャニに起訴猶予 深夜にパブで集まり

防疫規則違反容疑のSF9フィヨンとチャニに起訴猶予 深夜にパブで集まり


  • 防疫規則違反容疑のSF9フィヨンとチャニに起訴猶予 深夜にパブで集まり
  • SF9フィヨン(左)とチャニ、スタートゥデイDB

新型コロナウイルス防疫規則違反の疑いで立件されたグループSF9のメンバー、フィヨンとチャニが起訴猶予処分を受けた。

26日、連合ニュースによるとソウル中央地検刑事2部(パク・ヒョンチョル部長検事)は感染病予防法違反の疑いを持たれたSF9のメンバー、フィヨン(本名キム・ヨンギュン、23)とチャニ(本名カン・チャニ、22)に起訴猶予処分を下した。起訴猶予とは容疑は認められるが検事が様々な状況を考慮して被疑者を裁判に引き渡さない処分のことだ。

2人は去る1月18日にスケジュールを終えた後、チャニの誕生日を迎えてソウル市江南(カンナム)にあるホールデムパブを訪れた。この過程で防疫規則違反の取り締まりに摘発され、調査を受けた。当時、現場にはフィヨンとチャニ一行を含め従業員など計15人がいたことが分かった。

FNCエンターテイメントは「所属アーティストの管理を怠った点について言い訳の余地なく深い謝罪の言葉を差し上げ、このようなことが再発しないよう徹底した管理と対策を行い」とし「今回のことにより多くの方々にご心配をおかけし、失望させてもう一度心から謝罪する」と明らかにした。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-26 10:20:01