トップ > エンタメ > 「私たちは今日から」のPD、イム・スヒャンの重複出演に対する立場を表明

「私たちは今日から」のPD、イム・スヒャンの重複出演に対する立場を表明


  • 「私たちは今日から」のPD、イム・スヒャンの重複出演に対する立場を表明
  • SBS

『私たちは今日から』のPDがイム・スヒャンの重複出演に対して立場を明らかにした。

4日午後2時、SBS公式ホームページを通じてSBSの新月火ドラマ『私たちは今日から』(脚本、演出チョン・ジョンファ)オンライン制作発表会が進行され、チョン・ジョンファPD、イム・スヒャン、ソンフン、シン・ドンウク、ホン・ジユンが参加した。

『私たちは今日から』は放送前からイム・スヒャンの重複出演で問題視されている。MBCが金土ドラマでイム・スヒャン主演の『ドクター弁護士』を編成した状況で、SBSが『私たちは今日から』を月火ドラマに編成し「重複出演」が問題視された。MBCが異例的に強く遺憾の意を表明した中で、SBSはやむを得ない編成で「問題になることはない」という立場を明らかにした。

これと関連してチョン・ジョンファPDは「創作物を作る立場から、作品以外のイシューで傷つくことに心が痛む。私たちの作品も、他の作品も、この仕事のために気苦労した方々が多い。誰かの過ちというよりは、私たちのドラマが編成されていない状態で事前制作をし、撮影が完了する頃に編成され(女優が)重複出演する事態が起きた」と話した。

続けて「放送日が違うので少しは大丈夫ではないかと思う。「イム・スヒャン女優が『私たちは今日から』では放送補助作家オ・ウリとして出演し、『ドクター弁護士』では検事として出演するのが嫌だ」と言うか「この女優がたくさん出演して良いね」と言うかは視聴者が決める事だと思う。イム・スヒャンが同年代の女優の中で演技力では誰にも劣らないので、良い結果が出ると自信を持っている」と答えた。

するとイム・スヒャンも「私も一言付け加える」とし「私ができる最善を尽くして良い姿をお見せしたい」と話した。

一方、『私たちは今日から』は婚前純潔を守ってきたオ・ウリ(イム・スヒャン扮)が思いがけない事故でラファエル(ソンフン扮)の子供を持つことで起きるロマンチックコメディ騒動劇だ。9日午後10時、初放送される。
  • イ・タギョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-04 15:06:15