トップ > エンタメ > TV・映画 > 「D.P. -脱走兵追跡官-」、「イカゲーム」抑えて第58回百想芸術大賞ドラマ作品賞受賞

「D.P. -脱走兵追跡官-」、「イカゲーム」抑えて第58回百想芸術大賞ドラマ作品賞受賞


  • 「D.P. -脱走兵追跡官-」、「イカゲーム」抑えて第58回百想芸術大賞ドラマ作品賞受賞
  • Netflix

Netflixドラマ『D.P. -脱走兵追跡官-』が第58回百想芸術大賞テレビ部門ドラマ作品賞を受賞した。

6日午後、京畿道高陽市一山キンテックス第1展示場4ホールで第58回百想芸術大賞が開かれた。シン・ドンヨプ、スジ、パク・ボゴムが司会を引き受け、JTBC・JTBC2・JTBC4で生中継された。

『D.P. -脱走兵追跡官-』、『二十五、二十一』、『イカゲーム』、『赤い袖先』、『こうなった以上、青瓦台に行く』がノミネートされた中で受賞の栄冠は『D.P. -脱走兵追跡官-』に輝いた。

『D.P. -脱走兵追跡官-』の制作会社のピョン・スンユン代表は「作品に参加した俳優、スタッフ、そしてNetflix関係者たちと会社の家族に感謝する。幼い頃からこの賞を受賞したかった。なぜ作品賞を制作者が受賞するのかいつも気になっていた。自分が考えたのは、作品の始まりと終わりを担当しなければならない人だから、もう少し苦労するようにと励ましの意味で与えるものだと考えた。ところが、最後まで作品に残っている人は制作者ではなく俳優たちのようだ。作品の中に生きながら観客たちとやりとりしているのではないかと思う。この場を借りて俳優の二方に感謝の気持ちを伝えたい」と伝えた。

ピョン・スンユン代表は「多くの俳優がいるが、『D.P. -脱走兵追跡官-』の顔になってくれたチョン・ヘイン俳優に感謝している。そしてしばらく前に一緒に撮影を終えた俳優がカン・スヨン先輩だが、今深く暗いところに一人でいるようだ。すべての方が彼女に拍手を送ってくださり、応援してくださればと思う」と話した。続いて「この場所の主題が「再び春」だと聞いた。先輩と来年にはここでまた笑いながらお会いしたい」と話した。

『D.P. -脱走兵追跡官-』を演出したハン・ジュンヒ監督は「俳優とスタッフがいなければ何でもない人が監督だが、共にしてくださったすべての方々に感謝する。『D.P. -脱走兵追跡官-』シーズン2が今週から撮影を開始する。元気に作品を作りたい」と話した。

Netflixコリアの関係者は「『D.P. -脱走兵追跡官-』は勇気が必要な作品だった。難しい作品を全世界に知らせることができるようにしてくれた監督俳優たちに感謝し、今後も韓国の良い作品を世界に知らせるように努力する」と話した。

今年の授賞式は2021年4月12日から2022年3月31日まで地上波・終編・ケーブル・OTT・ウェブで提供されたコンテンツや同時期に韓国国内で公開された作品を対象に行われた。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-06 23:05:20