トップ > エンタメ > K-POP > SEVENTEENの日本ファンミーティングで6万人のファンが熱狂「待ってくれてありがとう」

SEVENTEENの日本ファンミーティングで6万人のファンが熱狂「待ってくれてありがとう」


  • SEVENTEENの日本ファンミーティングで6万人のファンが熱狂「待ってくれてありがとう」
  • Pledisエンターテイメント

グループSEVENTEENが日本のファンミーティングを盛況のうちに終えて健在さを見せつけた。

SEVENTEENは去る7~8日の両日、日本の埼玉スーパーアリーナで行われた「SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING ‘HANABI’」を通じて6万人のファンに会った。

2日目(8日)の公演はオンラインとオフラインで同時進行され、全世界72カ国/地域のCARAT(ファンクラブ)と忘れられない思い出を作った。ファンはリアルタイムで提供される韓国語、英語、中国語の3つの字幕と1つのメイン画面、5つのコンセプト画面で構成された合計6つのマルチビュー画面で、現場にいるようなライブ感を味わいながら一緒に楽しんだ。

日本の2ndシングル「舞い落ちる花びら(Fallin’ Flower)」でスタートを切ったSEVENTEENは「久しぶりだからか、会えてすごく嬉しい。さすが誰にも真似できないSEVENTEENのCARATだ。視野制限席までいっぱいに埋めてくれてありがとう。今日は本当に楽しみにしていてほしい」と約2年半ぶりに直接対面した現地ファンたちに胸いっぱいの気持ちで嬉しく挨拶を交わした。

続くコーナーではSEVENTEENがそれぞれの好みを垣間見ることができる究極の選択ゲームを通じてセンスあふれるトークとファンへの愛情を表わし、Aチーム、Bチームに分かれて進行された「HANABI」リレーゲームを通じてファンと楽しい時間を過ごした。

SEVENTEENは「Together」と「24H」、「HOME;RUN」の日本語バージョンと「To you」、「Left&Right」、「Darl+ing」を立て続けに披露し、K-POPを代表するパフォーマンスチームであることをしっかりと証明した。 特に、今回の公演はファンとの対面で初めて披露する曲でいっぱいに埋められ公演会場を華やかに彩り、SEVENTEENとCARATの両方にとって貴重な時間になった。

最後に、SEVENTEENは「すごく会いたかった。パフォーマンスを始める前にバックステージにいるとき、2度目のデビューのように鳥肌が立って緊張した。それだけカラットの方々は僕らにとって大きな存在、大きな力をくれる人たちみたいだ。長いあいだ待ってくれてありがとうという言葉を伝えたい。もっと頻繁に、もっと素敵になって会いたい」と切ない気持ちと一緒にファンへの感謝の気持ちを伝えた。

アンコール舞台である「ひとりじゃない」と「Healing」を歌うときにはトロッコに搭乗して公演会場のあちこちを巡って直接ファンたちとさらに近くで挨拶し、「Snap Shoot」日本語バージョンで公演の最後を飾った。特に最後の公演の日には「VERY NICE」をサプライズで披露するなどファンと忘れられない思い出を作った。

一方、SEVENTEENは来る27日午後1時、4thフルアルバム『Face the Sun』を発売する。

  • SEVENTEENの日本ファンミーティングで6万人のファンが熱狂「待ってくれてありがとう」
  • Pledisエンターテイメント

  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-09 09:03:30