トップ > エンタメ > スターニュース > 「太っ腹で素敵な役者、孤独だった女性」故カン・スヨンさんの訃報に追悼続く

「太っ腹で素敵な役者、孤独だった女性」故カン・スヨンさんの訃報に追悼続く


  • 「太っ腹で素敵な役者、孤独だった女性」故カン・スヨンさんの訃報に追悼続く
  • スタートゥデイDB

故カン・スンヨンさん(55)がこの世を去った中で、同僚の芸能人たちの哀悼が続いている。

アナウンサーのユン・ヨンミは8日、SNSに「私の常連のお店の主人から聞いた話。彼女がよく来てお酒を飲んでいたお店のボイラーが梅雨に雨水で浸って故障すると、呆然として座っている主人を見たカン・スヨンが入って来てすぐに理由を聞かずに、その場ですぐ修理費600万ウォンを渡したという」を明らかにした。

続いて「聞いたところによると彼女も当時、余裕のない状況で家族全員を扶養する立場だったが、本当に太っ腹で素晴らしい俳優。でも孤独だった女性。カン・スヨン、彼女を哀悼します」と追悼した。

カン・スヨンと映画『ウェスタン・アベニュー』で共演した俳優チョン・ボソクもSNSを通じて「とても残念で悲しいニュースに接しました。私たちの映画の偉大な俳優カン・スヨン様が亡くなりました。どうかそこでは苦しまずに安らかであるよう切実に願います」とコメントした。

映画『競馬場への道』で呼吸を合わせたムン・ソングンもSNSを通じて「カン・スヨン俳優、すごい俳優。元気に目を覚ますことを願ったけど、とても胸が痛い。冥福を祈ります」と故人を追悼した。

タレントのホン・ソクチョンもSNSを通じて「本当に幸運だった。芸能界に足を踏み入れたばかりのころにスヨン姉さんと知り合えたことは。「ソクチョン、姉さんはありのままのあなたが本当に好き」。その応援が私には大きな力になった。私の知り合いの女性の中で一番きれいですと言った。私はそう言った。姉さんはあの特有のえくぼの笑顔を見せて「ソクチョンは正しい言葉が上手ね」と冗談を言ってキャルル笑った」と故人との思い出を回想した。

続いて「釜山映画祭に行くたびに、今日はとても素敵な着こなしね。来てくれてありがとうと話していた姉さんの笑顔をもう見られなくなった。電話でももっと頻繁に連絡すればよかった。おいしいものを一緒に食べようと出てきてとねだればよかった。遠慮しなければよかった。姉さん、後で会いましょう。病気なのも知らずにごめんなさい」と切ない気持ちを表現した。

故人の葬儀会場にも数多くの映画界・文化界の関係者が訪れた。生前、故人の父親も同然だったキム・ドンホ委員長をはじめ、イム・グォンテク監督・チェリョン夫婦、ヨン・サンホ監督、イ・ジュンイク監督、キム・ヘス、イェ・ジウォン、ムン・ソリ、ハン・ジイル、ファン・ヒ文化体育部長官などが足を運び哀悼した。

カン・スヨンは去る5日、ソウル市江南区狎鴎亭洞にある自宅で痛みを感じ、家族の通報で出動した消防士により心停止状態で発見された。病院に移送されて3日間、意識不明の状態で治療を受けたが、7日午後3時にこの世を去った。

葬儀は映画人葬で行われる。

映画人葬の葬儀委員会委員長はキム・ドンホ江陵国際映画祭組織委員長、顧問はキム・ジミ、パク・ジョンジャ、パク・ジョンフン、ソン・スク、シン・ヨンスク、アン・ソンギ、イ・ウソク、イム・グォンテク、チョン・ジヨン、チョン・ジヌ、ファン・ギソンが務める。葬儀委員は、カン・ウソク、カン・ジェギュ、カン・ヘジョン、クォン・ヨンナク、キム・ナムスク、キム・ハンミン、キム・ホジョン、リュ・スンワン、ミョン・ゲナム、ムン・ソングン、ムン・ソリ、ミン・ギュドン、パク・グァンス(女性映画祭)、パク・ギヨン、パク・ジョンボム、パン・ウンジン、ペ・チャンホ、ピョン・スンミン、ピョン・ヨンジュ、ポン・ジュノ、ソル・ギョング、シン・チョル、シム・ジェミョン、ヤン・イクジュン、イェ・ジウォン、ウォン・ドンヨン、ユ・インテク、ユ・ジテ、ユン・ジェギュン、イ・グァングク、イ・ヨングァン、イ・ウン、イ・ジャンホ、イ・ジュンドン、イ・チャンドン、イ・ヒョンスン、チョン・ドヨン、チョン・ソヌ、チョン・サンジン、チョン・ウソン、チャ・スンジェ、チェ・ユンヒ、チェ・ドンフン、チェ・ジェウォン、チェ・ジョンファ、ホ・ムンヨン、ホ・ミンフェ、ホン・ジョンインなどで構成された。

告別式は来る11日午前10時に行われ、映画振興委員会の公式YouTubeチャンネルを通じて生中継される。出棺は告別式直後の11時に行われる。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-09 07:31:52