トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 最近、校内暴力をテーマにした韓国映画・ドラマが注目される理由は?

最近、校内暴力をテーマにした韓国映画・ドラマが注目される理由は?


  • 最近、校内暴力をテーマにした韓国映画・ドラマが注目される理由は?
  • 加害生徒の親の様々な姿を見せた映画『君の親の顔が見てみたい』



「子供が怪物になると親は悪魔になる」、俳優ソル・ギョング主演の新しい映画『君の親の顔が見てみたい』のキャッチコピーだ。校内暴力の加害者と名指しされた4人の生徒。校長室に呼ばれた親たちは子供の罪を隠すために恥知らずに変わっていく。「校内暴力のコンテンツ」が韓国映画とオンライン動画サービス(OTT)を平定している。『友へ チング』、『マルチュク青春通り』から『パク・ファヨン』まで、これまで韓国で校内暴力を扱った映画は時代と呼吸しながら成長したが、最近になってさらに大衆的な内容に強固なストーリーで大衆のもとに近づいてきているからだ。OTTドラマ『豚の王』、『未成年裁判』『今、私たちの学校は…』も校内暴力の断罪をテーマにして大きな人気を得ている。 校内暴力はなぜコンテンツ界に雨あられと溢れているのだろうか。また、校内暴力の映画・ドラマの違いは何だろうか。

タイトルから強烈な『君の親の顔が見てみたい』は、校内暴力の加害生徒の両親の真相を冷静かつ落ち着いて覗き見る映画だ。校内暴力の被害生徒のゴヌが湖畔で意識不明の状態で発見されると病院の理事長、元警察庁長官、同じ中学校の数学教師、弁護士である加害生徒の両親が校長室に呼ばれる。ゴヌが手紙を残して水に飛び込んだためだ。この手紙にはゴヌを苦しめた4人の名前がきちんと書かれている。ゴヌが死亡したことにより、手紙は遺書になる。俳優のソル・ギョングは加害生徒のハンギョルの父親であり弁護士として法律知識を総動員して子供を救う父親になる。上品で理性的だった彼は切迫した気持ちで醜悪に変わっていく。息子は口を閉じてしまい加害生徒の親3人が敵なのか味方なのか区別しにくくなる。その過程でハンギョルが加害者ではなく被害者という事実が明らかになる。両親たちは、その中で「主導者は誰なのか」と互いに責任を転嫁しようと激しく争う。この映画には見事などんでん返しが次々と出てくる。映画のいくつかのどんでん返しのポイントは、なぜこのストーリーが小説、演劇、映画から均等に注目されたのかを証明する。

ユン・ソンウン映画評論家は「校内暴力の問題を巡る大人たちのリアクションは多くの話を引き出すことができる、もう1つの良いテーマだ。世代間の葛藤、階級間の葛藤がそのまま表れるため」とし「類例のない少子化時代は未来の主軸になる世代に対して、さらに多大なあるいは執拗な関心を持たせた」と説明した。

同名のウェブトゥーンを原作とするドラマ『豚の王』は校内暴力のその後、20年後に繰り広げられた復讐劇を見せてくれる。校内暴力の被害者、いや、校内暴力の目撃者でも熱狂するほどの内容だ。被害生徒のファン・ギョンミンは中学生時代、自分に自慰を強要した同級生のアン・ジョンヒのもとを訪ねる。バス会社の代表になったギョンミンは仮名を使うが、自動車整備業者の社長であるジョンヒは自分に転がり込んできた好条件に驚く。しかし、ギョンミンは結局、自分のことに気付かないジョンヒを縛ってナイフで屠殺するように殺害する。ところがギョンミンの「アン・ジョンヒ殺人」は復讐劇の始まりに過ぎない。

  • 最近、校内暴力をテーマにした韓国映画・ドラマが注目される理由は?
  • ウェブトゥーン原作のテレビドラマ『豚の王』

イ・ビョンチョル文学評論家は「同年代の集団で告げ口をする人として目を付けられるのではないかと、恐ろしい地獄を体験しても一生トラウマを抱いて暮らす被害者たちをこれまで学校はあまりにも多く発生させてきた」として「最近のコンテンツは、そのような傷を持った多くの人に代理満足を与える」と強調した。ギョンミンが1人ずつ訪ねていく2年5組の生徒たちは罪悪感がない。ある一人には一生消えない記憶を植え付けておきながら、「ただ子供たちのいたずらだった」というふうに過去を合理化してしまったのだ。ギョンミンは復讐を無事に終わらせることができるのだろうか。

Netflixドラマ『未成年裁判』は青少年の暴力を本格的に凝視し触法少年に対する社会的怒りを綿密に検討する名作だ。女優のキム・ヘスが演じた判事のソ・ウンソクは普段、少年犯を極めて嫌悪するが、少年犯の最高刑罰である「10号処分」だけを下すとしてニックネームも「シプ(10)ウンソク」だ。シム判事は女子中学生の集団性暴行事件、マンションのレンガ投擲事件、試験紙流出事件など深刻な青少年事件と向き合う。

裁判所が委託運営するプルムセンターに留まるリーダーのチェ・ヨンナ、ヨンファ集団性暴行事件の主犯ペク・ドヒョンは、校内暴力の水準を越えて刑事処罰が避けられない犯罪の線を行き来する。イ・ビョンチョル評論家は「校内暴力ドラマの主要視聴者層は加害者の位置よりは被害者、少なくとも被害者に共感する善良な人々」とし「ドラマ『豚の王』が私的復讐を通じて観客に快感を与えるならば『未成年裁判』は公的領域での処罰を物語る。ギョンミンの私的復讐、審判員の冷静な判決が共感を得る理由は、それだけ韓国社会が断罪できなかった校内暴力のイシューで代理満足を感じようとする心理」と説明した。

  • 最近、校内暴力をテーマにした韓国映画・ドラマが注目される理由は?
  • Netflix『今、私たちの学校は…』



KゾンビのNetflixドラマ『今、私たちの学校は…』も始まりはヒョサン高校で起きた校内暴力だった。抵抗できずにやられてばかりいる息子のジンスを見ることができなかった科学教師のイ・ビョンチャンが人為的にウイルスを作って学校に広めドラマが始まるためだ。ドラマ1話には屋上での校内暴力の現場が残忍な細画のように描かれる。過去、ゾンビコンテンツでウイルス拡散の契機が資本主義の貪欲(映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』)、または権力者の利己心(ドラマ『キングダム』)だったのに比べ、『今、私たちの学校は…』は校内暴力をウイルス出現の決定的な契機にした。

ユン・ソンウン評論家は「ドラマ『SKYキャッスル』、『ペントハウス』などでも分かるように10代の役割が占める割合が大きくなった。これは高齢化社会の裏面で次の世代に対する関心がはるかに大きくなったという意味」とし、「この時、学校は一つの社会であり圧縮された社会で繰り広げられる暴力を眺める試みになる。校内暴力問題に関するコンテンツは以前にも多くあったが、主に独立映画をはじめとして作られたのに比べ今はもう少し大衆的なテーマとして定着したものと見られる」と強調した。
  • 毎日経済 | キム・ユテ記者
  • 入力 2022-05-06 17:08:06