トップ > エンタメ > TV・映画 > 「ドクター弁護士」ソ・ジソブ、医師であり弁護士でもある主人公を熱演

「ドクター弁護士」ソ・ジソブ、医師であり弁護士でもある主人公を熱演


  • 「ドクター弁護士」ソ・ジソブ、医師であり弁護士でもある主人公を熱演
  • Celltrion Entertainment、モンジャクソ

俳優ソ・ジソブが弁護士になって帰ってくる。

MBCの新金土ドラマ『ドクター弁護士』(脚本チャン・ホンチョル、演出イ・ヨンソク)が6月3日午後9時50分に初放送される。『ドクター弁護士』は仕組まれた手術によってすべてを奪われ弁護士になった天才外科医と医療犯罪専門担当部検事のメディカルサスペンス法廷ドラマだ。 医療と法廷の出会いを通じて強力な緊張感を与えるものと期待される。

ドラマを率いる主人公のソ・ジソブ(ハン・イハン役)は、ダブルボード(2つの専門医資格保有)の天才外科医から弁護士まで2つの役割を果たす。これに対し『ドクター弁護士』制作陣は人間味と冷徹さを持ち合わせた医師ソ・ジソブの姿を公開し大きな話題を集めた。

このような中、5月10日弁護士ソ・ジソブの姿が公開され、注目を集めている。写真の中のソ・ジソブは、ぴったりのブラックスーツ姿で法廷に立っている。彼の胸に輝くバッジから、彼が弁護士としてこの法廷に出席したことが分かる。弁論を続けるソ・ジソブの鋭い目つき、断固とした表情が印象的だ。

何よりもソ・ジソブの変身に驚かされる。先立って公開された医師の姿とはまた別のカリスマ性が感じられるからだ。さらにダブルボードの天才外科医である彼がなぜ弁護士になったのか、彼が法廷に立った理由は何なのか、この波乱万丈なストーリーを『ドクター弁護士』がどのように展開していくのか関心が高まる。

これと関連して『ドクター弁護士』制作陣は「ソ・ジソブは今回のドラマで医師、弁護士2つの専門的なキャラクターを描き出す。

このためソ・ジソブはキャラクターを深く分析し、場面ごと熱い情熱を注ぎ込んでいる。ドラマの中の医師の時のソ・ジソブ、弁護士の時のソ・ジソブがどのように違うのか、どんな演技をするのか注目して見守ってほしい。多くの関心と期待をお願いする」と伝えた。

一方、2022年夏、最も熱く注目されるMBC新金土ドラマ『ドクター弁護士』は6月3日午後9時50分に初放送される。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-10 09:35:36