トップ > エンタメ > スターニュース > 感染病予防法違反 チェ・ジニョクに罰金50万ウォンの略式命令

感染病予防法違反 チェ・ジニョクに罰金50万ウォンの略式命令


  • 感染病予防法違反 チェ・ジニョクに罰金50万ウォンの略式命令
  • スタートゥデイDB

新型コロナによる集合制限措置に違反して違法に営業されていた接待飲食店で飲酒をしていて摘発され裁判に引き渡された俳優チェ・ジニョク(36、本名キム・テホ)に裁判所が罰金50万ウォンの略式命令を下した。

10日、ニューシスによるとソウル中央地裁刑事2単独キム・テクソン判事は感染病予防法違反の疑いで起訴されたチェ・ジニョクに先月29日、罰金50万ウォンの略式命令を下した。

略式命令は裁判を行わずに罰金・過怠料などを処分する手続きだ。略式命令を受けた当事者が不服する場合、略式命令文を送達された後、一週間以内に正式裁判を請求することができる。

チェ・ジニョクは昨年10月6日午後8時20分頃、ソウル市江南区にある接待飲食店に滞在していたところを感染病予防法違反の疑いで警察に立件された。

チェ・ジニョクが訪れた接待飲食店はソウル地域に適用されていた社会的距離確保4段階により集合制限措置が適用されていた施設で、営業が全面禁止された状態だった。警察は当時チェ・ジニョクをはじめとし、該当の飲食店にいた客と接客員など51人を一斉に摘発した。

チェ・ジニョクの所属事務所は摘発された事実が知られた後、「チェ・ジニョクは知人が夜10時まで運営できる場所だと案内した店が違法に運営されている場所であることを知らなかった。そのため夜10時までいるのは問題がないと誤解した」と解明した。

すると「防疫規則をきちんと確認せず、安易に考えた無知と誤った行動が本当に恥ずかしく、言い訳の余地がないことを知っている。これに対して謝罪の言葉を申し上げる」と謝罪して「すべての活動を中断して自粛する」と明らかにした。

チェ・ジニョクも自身のインスタグラムに「今回のことで多くの方々を心配させ失望させた点を深く謝罪する」と謝罪文を公開した。

チェ・ジニョクは2006年、KBS『サバイバルスターオーディション』を通じてデビューした。『九家の書』『高慢と偏見』『愛の迷宮‐トンネル‐』『皇后の品格』『ジャスティス -復讐という名の正義-』『ゾンビ探偵』などに出演した。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-10 08:26:06